「背中ニキビ」の記事一覧

気になる背中ニキビと髪の毛について考えました

背中ニキビ

背中はニキビが出来やすい場所で、長い髪の毛はさらに悪化させることもあるということ。触れる刺激や雑菌の付着が多いことや、洗った時のすすぎ残しが背中ニキビの原因となりニキビが出来たり悪化することがあります。手が届きづらく、見えにくい背中はより注意が必要です。そして、その対策のポイントや普段の生活で気を付けたいことなどについてまとめました。

・背中ニキビの原因に長い髪の毛も関係していること知ってますか?

暖かくなり薄着の時期になると背中ニキビが気になりますよね。背中ニキビはできると治りにくいので、女性で悩んでいる人も多いと思います。
ニキビの原因にはホルモンバランスや皮脂、細菌感染などあります。それ以外に、背中ニキビは長い髪の毛が関係していることもあるんです。

薄着になると露出も増え、その結果背中に長い髪の毛が触れることが多くなります。背中はもともと皮脂が分泌しやすく、服などによる摩擦でニキビが出来やすいところです。髪の毛のチクチクする刺激がニキビを引き起こしたり、悪化させてしまいます。
そして、髪の毛は清潔に保つようにしていても雑菌が付いてしまいます。その雑菌が髪の毛から背中に移り、細菌感染を起こしてしまう原因になってしまいます。

髪の毛にはまだ問題があります。洗う時に使うシャンプーやトリートメントのすすぎ残しです。背中は手が届きにくく見えづらい場所です。そのため注意して洗い流しているつもりでも、シャンプーやトリートメントなのが残ってしまいます。その成分が毛穴に詰まりニキビの原因になってしまうのです。
髪の長い人は、入浴時にすすぎ残りに注意し、髪を洗った後に体も綺麗に洗うように心がけましょう。

・背中ニキビの対策のポイント

まず1つは、肌に負担をかけないということです。できるだけ摩擦などで刺激がないようにタオルは柔らかいものを選ぶのが良いですね。通気性が悪いと雑菌が繁殖する原因になるので、衣服は綿などの通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

気になっても必要以上に触ったり、掻かないように注意しましょう。長い髪の毛でチクチクしないように、髪を前にしたりアップにするなど髪型に工夫するのもおすすめです。
次に肌を清潔に保つということです。髪を洗った時はすすぎ残しに注意ししっかり流す事と、髪を洗った後で体を洗う事は重要です。

そして背中も保湿するように心がけましょう。保湿することで、角質層まで潤いバリヤ機能を強化することができます。化粧水や専用のローションなどで保湿して髪の毛の刺激に負けないような肌にしましょう。

ニキビの対策としての基本は、たっぷりと睡眠をとることやバランスの良い食事です。睡眠不足は、肌にも体にもよくないのはよく知られています。できるだけ質の良い充分な睡眠をとれるように、リラックスした状態で睡眠をとれるように心がけましょう。
食事も、油分や糖分の多いものは摂りすぎに注意し、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン類を摂るようにしましょう。偏りのない全体的にバランスのとれた食事を心がけましょう。

背中ニキビを繰り返すため改善する方法

背中ニキビ

背中ニキビはいつの間にか発生し、原因を確かめて治さないと同じ苦痛や痛みを繰り返すことになります。原因は夏場になると汗をかきやすくマラセチア菌が発生して炎症を起こし、強いかゆみや違和感が起きやすいです。改善する方法はマラセチア菌が皮脂を好む細菌であり、汗が出やすい時期に起きやすく殺菌や抗菌作用があるものを使ってケアをすることが求められます。

・背中のできものを何とかしたい

背中ニキビは繰り返すもので、かゆみや違和感があり椅子に座るとどうしても気になるものです。特に夏場は気温が高くて外に出歩くだけでシャツに大量に汗が付着し、そのまま放置するとマラセチア菌が繁殖してしまいます。背中の部分は目視ができないためどのような状況ですがあるか分からないもので、違和感やかゆみがあり検査を受けるといつの間にかニキビが発生していることも多いものです。

改善する方法は病院で検査を受けると医師に原因を確かめ、自宅で自分自身でケアができるように塗り薬やかゆみ止めなどを処方してもらえます。背中の汗は拭き取らないとカビの原因になり、毛穴に詰まってマラセチア菌が炎症を起こしてニキビになるため注意が必要です。炎症が起きやすい原因は他にもストレスなどもあるため、規則正しい生活をすることや食事に気を配るなど対策を講じると効果があります。スキンケアをする時は皮膚に影響を与えないようにしたいもので、不安な場合は医師に検査を受けてアドバイスを参考にする方法が望ましいです。

・どのようにすれば良いか考えよう

背中ニキビは適切に予防しないと繰り返すため、手順を決めて今後の生活を安心して暮らせるようにしたいものです。マラセチア菌は脂分を好むためオイルが含まれていないものを選び、シャンプーやリンスなどをすれば洗い流すなどおろそかにならないようにする必要があります。

夏場は汗をかきやすく湿度が高くなるためスッキリするようにスキンケアを行うことを心がけ、専用のケア商品を探すことが大事です。スキンケアはイソプロピルメチルフェノールを使うと殺菌や抗菌作用があり、スッキリした状態になります。ほかにもアクネ菌も炎症を悪化させやすく殺菌作用があるサリチル酸や、炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが含まれている専用ケア商品を探すと効果が高いです。

ニキビは赤くなることだけでなくかゆみが強くなるため、我慢できなくなることがありかゆみ止めを使って触らないようにする必要があります。また、汗をかくと服の摩擦なども影響しやすく、汚れを落としてスッキリとした状態になるように心がけることが大事です。背中ニキビは発生してもなかなか気が付かないもので、かゆみや違和感があってはじめて分かることもあります。ニキビを治したい時は角質ケアで毛穴を詰まらせないようにすることを心がけ、最適な方法を探すと良いものです。

海水浴と背中ニキビの関係について

背中ニキビ

海水浴に行くときに、背中ニキビがあるから恥ずかしいとか、水着になるのに抵抗がある、という人は意外と多いですが軽度のものであれば海水浴に行った後に改善するというケースは少なくありません。個人差がありますが、海水が肌に及ぼすメリットや紫外線の刺激など様々な理由が考えられます。上手に隠したい時にはラッシュガードが便利です。

・背中ニキビがある時の海水浴

夏場の海水浴シーズンでは、背中にニキビがあると水着になるのが恥ずかしいので行くのがためらわれる、という人も多いのではないでしょうか。しかし、背中ニキビは海水浴でレジャーを楽しんだ後に改善することがあります。これに関しては個人差ありますが、考えられる影響としては海水のミネラルや紫外線による影響が挙げられます。しかし、紫外線は一般的に肌へのダメージを与える要因ですので、長時間あたるのは推奨されていません。しかし、実際に改善するケースがありますので、あまり気にせずに海水浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

・皮膚トラブルに海水浴が有効なケースも

アトピー性皮膚炎などの患者も、海水浴に行っていると皮膚の調子が良いという人は多く見られますので、背中ニキビの症状も同じようなメカニズムで免疫力に何らかの変化が生じ、症状の改善が見込めるというのは否定はできません。しかし、強烈な紫外線は皮膚の老化を誘発しますし、UVカット効果のあるローションやクリームなどを塗るのは必須です。又、背中ニキビを悪化させない化粧品を使わないと、毛穴をふさいで悪化させてしまいますのでノンケミカルや余分な油分が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

・隠すときにはラッシュガードが便利

海水浴のメリットを享受しながら上手に背中ニキビを隠したい時に便利なのが、ラッシュガードです。水着の上に羽織るだけで背中をカバーすることが出来ますし、最近はスタンダードな長袖タイプだけでなく、パーカーやノースリーブなど様々なタイプが販売されています。UVクリームなどを塗らなくても1枚羽織るだけでその部分は完璧に紫外線をカットしてくれますので、背中ニキビが気になる時の海水浴に最適です。海水の影響で背中ニキビが改善するか試したい、という時にもラッシュガードを着ていればメリットを十分感じることが出来ます。ラッシュガードだけでなく、1mmのウェットスーツのようなタイプも便利です。身体のラインを上手にカバーしながら気になる背中ニキビを隠してくれます。

背中ニキビを改善する栄養の取り方とスキンケアの方法

背中ニキビ

まず、初めに背中ニキビができる原因の解説と、それに伴う食生活の改善方法やスキンケアの方法などを解説します。スキンケアなどのついては使用する石鹸や、着る衣服などによる改善効果のある方法の説明もします。特に着る衣服に関しましては吸水性の優れた製品を紹介します。

・背中ニキビができる原因は何?

背中ニキビに限らず、ニキビができる原因はニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖して毛穴を塞ぐことによりニキビになります。アクネ菌は皮脂の汚れを栄養として増殖して増える菌で殺菌してもまた体内で作られるため、常在菌で常に肌に潜んでいます。ですので肌を清潔に保つため、皮脂汚れを落とすことができる石鹸やボディソープを使用すれば栄養が取れなくなりアクネ菌は減ります。

アクネ菌さえ増えなければ毛穴を詰まれ背て炎症を起こしニキビとなることも無いのです。にきびの正体はアクネ菌の増殖による毛穴がふさがることによる炎症反応です。金に栄養さえ与えなければ自然と消滅させることができます。後は、ビタミンなどが不足していると肌荒れの原因となる上、汗を出す汗腺をコントロールできなくなり、油が混ざった汗を出します。

これも、背中ニキビやニキビの原因となる症状に繋がりますので改善が必要になります。ですのでビタミンを摂取して脂肪分をあまり取らない食事を心がけることで汗に油がざることが少なくなりますので、自然と背中ニキビや、各種ニキビに皮脂から出る栄養が行渡らなくなる為、ニキビは自然に減少します。ニキビは肌の生理現象と考えても良いですね。

・背中ニキビを防ぐ方法と背中ニキビを減少させる栄養の取り方

背中ニキビを防ぐ場合、肝心なことは体を清潔に保つことです。特に皮脂汚れは酸性のボディソープや石鹸で洗い流すことでも十分油を落とすことができます。例を挙げるとするとビオレUなどが弱酸性のものでお肌にも優しいです。ちなみに皮脂汚れを完全に取り去る場合は、アルカリ性のボディソープで体を洗うと皮脂汚れが分解されますので綺麗に油汚れを落とすことができますがお勧めはできません。

その理由はアルカリ性の液体は肌荒れの原因となりますのでお勧めできないからです。油を落としすぎると今度は肌を守る際の皮脂まで落としてしまうため、肌のバリアー機能が減少してしまうため肌荒れが起きやすくなります。ですので弱酸性のボディソープや石鹸をお勧めします。

他にはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどを含む食品には皮脂の分泌をコントロールする作用がある為そういった食品を取り入れることもお勧めします。後は、下着などを吸水性の高い綿などに変えて汗を吸収させることで肌に汗が残らないように工夫をすることで、背中ニキビや各種ニキビの栄養となるアクネ菌を減少させることができます。

背中ニキビと胃腸の状態との密接な関係

背中ニキビ

背中ニキビは、顔のニキビと異なり治りにくいケースが多く見られますが、皮膚の衛生面の管理だけでなく胃腸の状態が良くないと症状が出たり治りにくいことがあります。胃腸と肌のコンディションは密接にな関係にあり、腸内環境や胃の具合がよくないと皮膚トラブルが治りにくいため、良好に保つための食生活やストレス管理が有効です。

・背中ニキビができる原因

背中ニキビは、顔にできるニキビ同様毛穴に皮脂や余分な角質が詰まってそこに細菌が感染して起こると考えられます。しかし、顔のニキビと異なり背中ニキビは1日に何度も洗うことが出来ませんし、顔同様皮脂の分泌量が多い部分ですので衛生的に管理するのが難しい側面があります。又、汗をかきやすい部分ですので不潔になりやすく菌が繁殖しやすいため、ニキビが悪化する要因となることもあるのが実情です。こうした理由からできることが多い背中ニキビは、身体の内側に原因があることも少なくありません。それが胃腸のコンディションの低下からくる背中ニキビです。

・胃腸と皮膚の健康の関係

消化器官と皮膚の健康は実は密接な関係があり、免疫力などにも大きく栄養を及ぼします。実際に胃腸の調子が悪いとニキビができることがありますが、これは肌のターンオーバーや皮脂の分泌量などに影響を及ぼしているからで、胃腸の働きが鈍ると体全体のバランスも不調になるため、皮膚トラブルの原因になることがわかっています。

・胃腸を整えて背中ニキビを改善

胃腸の状態を整えると肌のコンディションが上向くことがありますが、これは新陳代謝やその他免疫力などと胃腸の状態が大きくかかわっていることをあらわしています。胃腸の調子がもともとよくないからと言ってあきらめることはなく、食生活やストレス管理をすることで調子が良くなることは多くあります。たとえば、ストレスを日常的に感じていると胃の調子が良くないケースが目立ちますので、リフレッシュできる時間を作ったり、リラックスする習慣を身につけることも有効です。

・背中ニキビに有効な対策

胃腸に優しい食生活も有効です。消化の良いものをよく噛んで食べる必要がありますが、適度な食物繊維は腸の働きを活発にしますので積極的に野菜や果物を摂取しましょう。又、腸内環境を良くするための乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂取するのも有効です。便通を整えて胃の調子を整えることで肌の状態も良くなります。背中ニキビを改善するためには清潔にして胃腸の調子を整えるのが有効です。

背中ニキビが悪化してケロイド状になったらどうすればいい?

背中ニキビ

いつの間にか背中ニキビができていたという経験がある方もいると思います。背中はあまり自分の目で見ることはない部位なので、気付かないうちに悪化してしまうことも少なくありません。ニキビがケロイド状になっているのは深刻なダメージを受けているということなので、なかなか自分でケアするのは難しいかもしれません。皮膚科などの医療機関を受診して、専門家の診断を受けるのがおすすめです。

・ニキビがケロイドになってしまうのはどうして?

ニキビは、アクネ菌と呼ばれる細菌が過剰に繁殖することで起きる炎症のことをいいます。アクネ菌は皮脂を栄養源としているので、皮脂の分泌が過剰な思春期などには毛穴に詰まりやすくなるので特に出来やすいとされています。
人の肌は新陳代謝を繰り返しているので、ニキビが出来ても通常であれば新しい肌が再生されます。しかし、炎症している状態が長く続くと、ダメージを受けたところが上手く修復されずにケロイド状になってしまうことがあります。
ケロイドとは、ニキビの部分が赤く盛り上がっている状態になることをいいます。ダメージを受けた肌はそれを修復しようとしてコラーゲンを生産するのですが、それが過剰に生産されることでケロイドに変化するのです。ケロイドはニキビを何度も繰り返す部分がなりやすいとされています。

・背中ニキビがケロイドになることはあるの?

顎などのニキビを繰り返しやすい部位は、ケロイドになることが多くあります。肌の炎症が何度も繰り返されることで、肌細胞が深刻なダメージを受けるからです。ただし、人によっては背中にできることもあります。背中にニキビができているのに何のケアもしなかったという場合もありますし、背中にニキビができていることに気付かずに悪化していたということもあります。顔よりも体にニキビができやすいという人もなりやすい傾向にあります。

・背中ニキビがケロイドになったらどうすればいい?

背中ニキビがケロイドになってしまったら、セルフケアをするのはなかなか大変です。一般的なニキビであればスキンケアのアイテムをアクネ菌に効果のあるものに変えたり、市販のニキビ治療薬などで改善することも多くあります。
ですがケロイドになっていると、肌のダメージが深刻なので市販の薬では改善しないことがほとんどです。場合によっては手で触れることで、悪化してしまうケースもあります。そういった時には、皮膚科などの医療機関を受診して専門家に診てもらうのがおすすめです。

背中ニキビができて、かゆい!自宅でできる対処方法は?

背中ニキビ

背中ニビが治らない、背中のニキビがかゆくて仕方がない、寝ている間にかいてしまったりして、跡が残ってしまう。どうしてこんなにできるの?治ってもまたできての繰り返しですごく辛い、そんな悩みを抱えている方、諦めないでください。必ず治りますよ。

・ニキビが痒すぎる、対処方法はないの?

今のニキビの状態はどのような状態でしょう?おそらく赤身を持っている状態が多いと思います。ニキビが痒くなる原因は様々で「肌の乾燥。」「雑菌による炎症」が多いかと思います。痒みが強く出ている時は、もうかきたくて仕方がないですよね。でもそこで掻いてしまい、肌を傷つけるとニキビが潰れ、背中に跡が残ってしまいます。まずは、炎症を起こしているので冷やすなどをして炎症を押さえましょう。肌の乾燥をしている場合は「肌のへの刺激のない化粧水」などを使うのも良いでしょう。どうしても治らなくて、痒みもひどい場合は病院に行くことも考えてください。病院なら医療的な処置をしてくれます。

・やってはいけないことは?

絶対にしてはいけないのは、先ほどもお伝えした「掻く、こする」です。炎症がひどくなるので我慢しましょう。また、刺激性の強い石鹸やタオルでごしごしとこする、またスクラブ入りの物で洗うこともやめましょう。傷が広がる原因になります。運動などで体を温めるのも痒みを誘発するので、ひどい場合は汗をかく運動もやめた方が無難でしょう。とにかく、刺激を与えないことが痒みを押さえる近道です。

・ニキビができないようにするためには?

炎症が収まったとしても、同じことを繰り替えすようであれば意味がありませんよね。ニキビの原因は「雑菌の繁殖」がとても多い理由となります。特に夏場、女性であれば長い髪の毛がチクチク背中にあたっていませんか?髪の毛には雑菌が多くついています。それが24時間、肌にあたり刺激して、ニキビが増えます。また、気になるからと言って手で触ることもNGです。雑菌が繁殖するので、やめましょう。

・お風呂のケアはとても大事

もう一つ大きな理由の一つが「お風呂でのケア」です。皆さん、髪の毛ってどの段階で流しますか?女性はトリートメントをする方が多いですよね。髪の毛にトリートメントをなじませている間に体を洗う人もいるでしょう。しかし、最後に髪の毛を流してしまうと髪の毛の残っていた雑菌、また、トリートメントの成分が背中に付着して、ニキビが増える原因となります。髪の毛は体を洗う前に洗うこと。洗った後はゴムなので結わいて髪の毛が背中に当らないようにすることが大切です。お風呂から出てきたら、しっかりと保湿をしてください。保湿の場合は全身に使える低刺激の保湿液がオススメです。

・背中ニキビを治して痒みともおさらば!

ニキビができなければ痒みに悩まされることもありません。日々の何気ない習慣がニキビを増やしているため、少しだけ気を付けてみてはいかがでしょうか。背中ニキビが気にならなくなれば、女性としての自信も持つことができ毎日が楽しくなりますよ。

背中ニキビにオロナインが効果的な理由は?

背中ニキビ

背中ニキビがあると困りますよね。彼氏の前で裸になる事があると「見られたくない」と思う事もあれば、背中が大きく空いているドレスを着る機会などには、「人の目が気になったり」。背中ニキビを治すには実はオロナインが効果的である事を知っていますか?オロナインにはアクネ菌を倒す効果がありますが、殺菌作用でニキビを改善する事ができるのです。

・オロナインが背中ニキビに効果的な理由

オロナインが背中ニキビに有効な理由はオロナインに配合されているクロルへキシジンググルコン酸塩が関係しています。殺菌作用が非常に強い成分でニキビの原因になるアクネ菌を倒す事ができます。

アクネ菌は常在菌ですから誰の肌にでもいる菌になります。しかし、異常繁殖する事でニキビを作る原因となります。オロナインを使う事で異常繁殖しているアクネ菌を倒してニキビが改善されるのです。

逆に言えばアクネ菌が異常繁殖していない状態の肌にオロナインを使うと、本来必要になるアクネ菌まで殺してしまいます。ある一定の数のアクネ菌は肌に必要になるのでむやみにオロナインを使うべきではありません。

・オロナインは赤ニキビに効果的

背中ニキビとは一口に言っても、赤ニキビや白ニキビ、黒ニキビなどあります。中でもオロナインは赤ニキビに効果的と言われています。では、赤ニキビには効果が強い理由はどこにあるのでしょうか。

・赤ニキビに強い効果がある

赤ニキビはアクネ菌の異常繁殖が原因で炎症を起こしている状態です。赤くプクっとしているのが特徴的で、痛みもある場合があります。赤ニキビのようにアクネ菌が異常繁殖している状態なら、オロナインが効果を強く発揮します。

塗る時にはピンポイントで少しの量を手を使うか、清潔なガーゼを使うようにします。オロナインは予防のために使う物でなくて、できたニキビの部分に使うようにしてください。
改善したらもう使わないようにしないといけません。

・白ニキビや黒ニキビには効果はない

背中ニキビでも白ニキビや黒ニキビの段階なら、毛穴に皮脂や老廃物が溜まっているだけの状態です。老廃物が詰まっているだけの状態ではアクネ菌の異常繁殖は起きていません。

たくさんアクネ菌が繁殖をしていない状態でオロナインを使うと余計な油分を詰まらせるだけになり、ニキビが悪化してしまいます。

・まとめ

背中ニキビができるといろいろな場面で肌を露出する事をためらうようになりますね。背中ニキビで特に赤ニキビの状態でオロナインが非常に効果的なので、使ってみましょう。きっと改善されて、自信を持って背中を見せる事ができますよ。

背中ニキビにはエタノールが効く?

背中ニキビ

女性で背中ニキビに悩まされている人は意外に多くいます。背中というのはなかなか見えない場所なので気付いた時には広範囲に広がってしまっていたり、ケアする時は手が届かず一度できてしまうとなかなか綺麗に治すのが難しいです。そんな背中ニキビはどんな原因でできて、どのようなケアをするのがいいのかなどご紹介していきたいと思います。

・背中ニキビができる原因

ニキビというのは汗や洋服による摩擦、生活習慣、ホルモンバランスの崩れなど色々な原因があります。皮脂が多く分泌してしまうと毛穴が皮脂で詰まってしまい炎症を起こしやすくなるからです。背中ニキビの主な原因はこの毛穴の中にある毛根を包んでいる毛のうというところに皮脂などがたまり炎症を起こしてできます。この炎症はカビ菌といわれる真菌によって引き起こされることが多く、顔にできるニキビとは違うものになります。顔のニキビの場合は思春期などの若い頃に出来やすいのですが、背中ニキビは年齢や性別は関係なく誰にでも現れます。ですので他にできるニキビとはケアの方法も変わってきますので注意が必要です。

・綺麗に治す治療方法

背中ニキビにはエタノールが効くという話と効かないという話の両方があります。これはどちらも正しく、消毒として少し使う分にはとても効果があります。エタノールにはニキビの原因になるマセラチア菌やアクネ菌を殺菌する効果があり、そこに広がる黄色ブドウ球菌をも消してくれるので予防やケアをするのにはとても良い治療法です。実際、ニキビケアとして販売されている化粧品にも数多く使われています。しかし、エタノールというのはとても刺激が強いため体に必要な良い菌まで殺してしまいますので、大量に付けるのは逆効果となってしまいます。しかも刺激が強いので発疹や発赤など痒みがでてしまう副作用が出る事もあります。ですので敏感肌の方や乾燥肌の方にはおすすめできません。エタノールを背中ニキビに付ける場合には必ずコットンや綿棒などに一度取り、それを患部に塗るようにしましょう。そしてエタノールというのは揮発性がありますので塗った後は乾燥しやすくなります。ですのでエタノールで消毒をし終わったら、必ず化粧水などで保湿をするのを忘れないようにしてください。乾燥は背中ニキビには大敵で皮膚の表面を守るバリアが壊されてしまい、悪化させる原因となってしまいます。必ず正しいケアをして治すようにしましょう。

背中ニキビに悩む女性のウェディングドレス対策

背中ニキビ

婚式でウェディングドレスを着る予定の女性に意外と多い悩みが、背中ニキビです。ウェディングドレスは背中が大きく開いたデザインのものが多いため、式までに少しでも綺麗になりたいと考える女性は多い傾向にあります。対策としては、式までに少しでも背中ニキビの状態を良くすることに加えて目立たないドレス選びも有効です。

・背中ニキビとドレスの悩み

結婚式で着るウェディングドレス選びは、多くの女性が人生で最も美しい時期を思い出に残す為に少しでも美しくなりたいと望み、こだわりを持つ人が多い傾向にあります。しかし、背中やデコルテ部分が大きく開いたデザインのものが多いウェディングドレスを着る際に、背中のニキビが目立つことを気にする女性もまた多いのが実情です。

・意外と多い背中ニキビの特徴

背中ニキビは、顔のニキビのように皮脂が多い部分に赤く炎症を伴ったニキビがいくつもできるのが特徴で、顔にできる症状より化膿するケースも多く見られます。顔と違って普段は露出していませんので目立ちませんが、ドレスを着るとなると目立ってしまいますので少しでも改善させたいと多くの女性が考えています。原因は過剰な皮脂や雑菌と考えられていますが、ストレスや腸内環境などとの関連も指摘されています。

・メディカルエステのブライダルプラン

最近では、こうしたブライダル前の背中ニキビに悩む多くの女性向けに、エステティックサロンやクリニックでブライダルプランの施術を行っているところも増えています。結婚式の日にちに合わせてスケジュールを組み、少しでも症状が改善するようなトリートメントをすることで炎症を抑えたり新しくニキビができるのを防ぐ効果が期待できます。

・ドレス選びで目立たなくする方法も

式の日までに最大限の努力をして、少しでも背中を美しくしたいと考えていても本番までに間に合わなかったり、気になるニキビができることで式に集中できない、そんな悩みがある方はあえて背中を出さないドレスを選択する方法もあります。デコルテや背中の出るデザインのドレスは花嫁の定番ですが、最近はホルターネックやノースリーブのシンプルなすっきりしたデザインのものを選ぶ花嫁も多く見られます。背中ニキビが無くてもそういったデザインのものを選ぶ新婦は多いですので、心配ならそういうものを選ぶと良いでしょう。又、背中部分をチュールレースでカバーするようなデザインなら、目立たせずに背中を少し見せることが出来ます。

ページの先頭へ