ジッテプラスを使うと逆に
肌荒れを起こす可能性があります。

あまり意識がない人にとっては
ありえないと思うかもしれませんが
どんな化粧品でもありえることです。

ジッテプラスのように成分が多いもの、
成分を肌に浸透させようとするもの、
使う頻度が高く長期的になるものは
より肌荒れのリスクが高いといえます。

ひとつの参考にしておいてください。

・ジッテプラスと肌荒れの可能性

ジッテプラスは背中ニキビ向けの
人気スキンケアです。

ニキビケアはスキンケアでもあるので
ついでに肌荒れの予防にも
役立つようなものになっていますね。

特に大人になってからは
乾燥肌との戦いですので
肌荒れ対策は至上命題みたいに
重要視されます。

ジッテプラスは保湿を重視してるので
ニキビ肌対策にはぴったりだと
よくいわれます。

オールインワン系なので
これを使ってさえいれば
綺麗な背中や顔に戻れる、
またはキープできると
思っている人は多いと思います。

ところが逆の可能性もあることは
ほとんどの人が意識していません。

なぜかというとほとんどの化粧品には
リスクが内在しているからです。

最近の化粧品は多くの成分を
配合する傾向にあります。

多いほど効果が高そうなイメージや
お得感があるかもしれませんが
成分は多いほどリスクも高いです。

どんな物質もアレルゲンになりうるので
肌が荒れているほどリスキーとも
考えられるのです。

クーラーが効きすぎているとか
日に当たる場面が多かったなど
一時的な外的要因だけならまだしも、

不健康な理由で肌荒れしてるのなら
抵抗力が弱まっているので
免疫が過敏になってる可能性があります。

・便利なものほど注意が必要

そして大半の化粧品は
成分を肌に浸透させようとしますが
それがそもそもの問題点です。

基本的に肌から入ってくるものは
体は異物と判断します。

普段はバリアを張って守ってますが
界面活性剤でそれが壊され、
異物が入りやすい状態になります。

ナノ化していると顕著です。

そういうものを長らく使うと
慢性的にバリア層が
未熟な状態になるので
逆に乾燥肌すら招きうるのです。

ジッテプラスはそれらの条件が
すべて揃っています。

高機能と言われるものほど
裏返すと危険性もいろいろなのです。

ということでジッテプラスにも
肌荒れリスクがあることが
なんとなくでもわかったと思います。

それを踏まえた上で使わないと
いけないのではないでしょうか。

意識を高めていかないと
なんでニキビができるのかも
肌荒れするのかも見えてきません。

化粧品に頼っている時点で
問題だと思った方がいいですね。