このエントリーをはてなブックマークに追加   

ジッテプラスに副作用はあるのか心配な方へ

ジッテプラスはニキビスキンケアの中でも
けっこういろいろ考えられて作られてると思うので
副作用のリスクは少ないと思われます。

 

でも全くないとは言い切れないので
頭の片隅でもいいので意識してほしいと思います。

 

いろんなニキビスキンケアを使った経験がある人ほど
注意してほしいところですね。

 

 

 

・副作用はどんなものにも起こりうること

 

 

 

ステロイドなどの強力な効果があるものほど
副作用のリスクは高まります。

 

ニキビケアでも塗り薬が使われることがありますが
下手すると炎症してしまうこともあります。

 

そのように良い効果(主作用)とは別に
悪い効果(副作用)が発生する恐れもあります。

 

それは薬に限ったことではありません。

 

一般的に副作用とは医薬品を用いた場合、
というのが前提になっていますが
範囲を広げて考えてもいいと思います。

 

実際医薬部外品や化粧品を使っても
肌荒れを起こす人は多いので。

 

アレルギーの可能性もありますよね。

 

いくら安全性に気を配って作られてるとしても
人によって相性があります。

 

ジッテプラスはサリチル酸などの
肌に刺激が強いピーリング剤を使っておらず、
保湿を重視した比較的安全性が高い化粧品です。

 

添加物もいろいろフリーを謳っているので
肌に合わない人は少数派かもしれませんが
意識しておくことは大事です。

 

 

 

・ジッテプラスにも副作用はありうる

 

 

 

ジッテプラスは基本的に副作用はないといえますが
わずかながらその可能性はあります。

 

さっきも少し触れましたが
アレルギー問題がまず挙げられます。

 

なんの成分が誰にどんな影響を及ぼすかは
使ってみないとわからないですし、
アレルゲンになりえないものは存在しません。

 

配合成分が多いほどその傾向があると思います。

 

また、合成界面活性剤の影響も心配されます。

 

成分の浸透性をアピールする製品には
ほぼほぼナノ技術が使われています。

 

ナノと聞くとスーッと肌に浸透するイメージが
付き物ですがそのままでは実はあまり浸透しません。

 

水溶性の成分だと尚更ですね。

 

肌には皮脂膜という名のバリア層があるので
それをどうにかしないといけないわけです。

 

だから化粧品の多くに乳化作用がある
合成界面活性剤が使われています。

 

それを長年使っていると隠れ乾燥肌などを招き
逆にニキビ肌になる恐れもあるのです。

 

冒頭でいろんなニキビスキンケアを
使ったことがある人ほど要注意といったのは
そういう意味です。

 

わかりにくいですがジッテプラスにも
合成界面活性剤が含まれているので
それにより体に悪い成分も浸透して
何らかの副作用が生じるかもしれません。

 

念のため参考にしておいてください。