海水浴に行くときに、背中ニキビがあるから恥ずかしいとか、水着になるのに抵抗がある、という人は意外と多いですが軽度のものであれば海水浴に行った後に改善するというケースは少なくありません。個人差がありますが、海水が肌に及ぼすメリットや紫外線の刺激など様々な理由が考えられます。上手に隠したい時にはラッシュガードが便利です。

・背中ニキビがある時の海水浴

夏場の海水浴シーズンでは、背中にニキビがあると水着になるのが恥ずかしいので行くのがためらわれる、という人も多いのではないでしょうか。しかし、背中ニキビは海水浴でレジャーを楽しんだ後に改善することがあります。これに関しては個人差ありますが、考えられる影響としては海水のミネラルや紫外線による影響が挙げられます。しかし、紫外線は一般的に肌へのダメージを与える要因ですので、長時間あたるのは推奨されていません。しかし、実際に改善するケースがありますので、あまり気にせずに海水浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

・皮膚トラブルに海水浴が有効なケースも

アトピー性皮膚炎などの患者も、海水浴に行っていると皮膚の調子が良いという人は多く見られますので、背中ニキビの症状も同じようなメカニズムで免疫力に何らかの変化が生じ、症状の改善が見込めるというのは否定はできません。しかし、強烈な紫外線は皮膚の老化を誘発しますし、UVカット効果のあるローションやクリームなどを塗るのは必須です。又、背中ニキビを悪化させない化粧品を使わないと、毛穴をふさいで悪化させてしまいますのでノンケミカルや余分な油分が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

・隠すときにはラッシュガードが便利

海水浴のメリットを享受しながら上手に背中ニキビを隠したい時に便利なのが、ラッシュガードです。水着の上に羽織るだけで背中をカバーすることが出来ますし、最近はスタンダードな長袖タイプだけでなく、パーカーやノースリーブなど様々なタイプが販売されています。UVクリームなどを塗らなくても1枚羽織るだけでその部分は完璧に紫外線をカットしてくれますので、背中ニキビが気になる時の海水浴に最適です。海水の影響で背中ニキビが改善するか試したい、という時にもラッシュガードを着ていればメリットを十分感じることが出来ます。ラッシュガードだけでなく、1mmのウェットスーツのようなタイプも便利です。身体のラインを上手にカバーしながら気になる背中ニキビを隠してくれます。