ジッテプラスは保湿効果が高いということで
二の腕にも使えると言えば使えます。

二の腕も乾燥しやすい箇所なので
ちょうどいいかもしれません。

ただ、ジッテプラスは一時的に
保湿するくらいの機能しかないので
ずっと続けるようなものではないです。

基本はニキビができやすい箇所に使い、
収まってきたらやめる、
もしくは余ったら二の腕に回す
くらいでいいと思います。

・二の腕と肌トラブルについて

二の腕とは肩から肘までの
部分のことを指します。

この部分は顔や背中と違って
汗がどっとでたり、
べたつくなんてことはないですが
そのかわり乾燥しやすいです。

普段は見てるようで
見てないようなところなので
あまり意識しないと思います。

意識していないからこそ
特に肌トラブルが起きにくい、
ともいえます。

肌トラブルの大きな要因に
化粧品があるからです。

二の腕といえば
ダイエットしている人が
よく使う言葉だと思うので、

取り組んでる人は
よく見てるかもしれませんが
肌の乾燥という視点では
なさそうなので、
肌トラブルが起きたとは
あまり聞いたことがないですね。

夏場はあせもが出ることも
あるかもしれませんが、
基本的に大したことはないです。

でも時と場合によっては
二の腕も乾燥し
カサカサすることもあります。

・二の腕にジッテプラスはどうか

二の腕がカサついてくると
見た目も悪くなるため
肌を露出したいときも
できないこともあります。

二の腕を出すことに抵抗がある人は
化粧品メーカーの資生堂調べによると
7割もいるそうです。

これは化粧品云々よりも
生活習慣が関係していると思われます。

ニキビ肌と同じで不摂生は
ターンオーバーを見出します。

その結果、不要な角質が増え
カサついたりブツブツが
できてしまったりするのです。

ジッテプラスは保湿力が高いので
そういう二の腕トラブルにも
使うことはできると思います。

化粧品だから薬のように
リスクが少なく、
伸びもいいので
使い勝手は悪くないでしょう。

しかし、ジッテプラスは
成分を浸透させることにも
重点を置いています。

そこは他の化粧品と同様です。

そうでないと潤いをキープできない
ということなのですが、
それだと逆に肌のバリア層を壊し、
余計乾燥することにもなります。

一時的にはいいと思いますが
何年も使ってるとアレですね。

かゆくて気になるとかなら
とりあえず使ってもいいですが、
それと同時に生活改善を
することが重要です。

肌の乾燥はケア不足ではなく、
不摂生が招いたことですので
化粧品で根本解決はできません。