ジッテプラスは妊娠中に
使っていいかどうかですが、
あまりおすすめはできません。

胎児に影響があると思ったほうがいいので。

妊娠中、ニキビができて
悩む人も少なくないと思いますが
それは明らかに妊娠が原因だと
わかってることなので
ある程度は許容したほうがいいです。

妊娠中ずっとニキビが
できるわけでもないので
そんなに深刻な事態には
ならないはずです。

・妊娠中はニキビができやすい

女性は男性よりも
ホルモンバランスが乱れやすいので
ニキビのリスクがもともと高いです。

それに加え妊娠という
大きな体の変化もあります。

妊娠すると女性ホルモンの
バランスが逆転してしまいます。

通常はエストロゲンが優位ですが
妊娠中はプロゲステロンが
優位になってしまいます。

それは妊娠に伴うプロセスに
プロゲステロンが関係しているため。

やっかいなのはプロゲステロンに
皮脂の分泌を促す性質があること。

要は男性ホルモンと似たところがあるので
いつもよりもニキビができやすいのです。

食生活も変化しやすいので
食べすぎてしまうと
当然健康的な意味でニキビもできます。

また、胎児が大きくなってくると
腸が圧迫がされることにより
便秘も起こりやすくなります。

便秘になると腸から毒素が吸収され
体表にニキビという形で
あらわれることも考えられます。

・ジッテプラスは妊娠中はおすすめできない

ということでジッテプラスのような
ニキビ向けスキンケアは
妊娠中の便利グッズとして
使ってる人も多いと思います。

でも化粧品の多くは
妊娠中に向いてないものといえます。

なぜなら合成界面活性剤が
含まれているからです。

保湿成分はただ塗るだけだったら
あまり効果がないことなどから
肌のバリア層を壊して
ある程度皮膚内に
浸透させる必要がありますね。

肌の表面や細胞の隙間は
皮脂膜で覆われて守られているので
異物は侵入できないようになってます。

化粧品はそれを壊して
無理やり吸収させるものです。

一般的には角質層までしか
吸収しないと言われますが、
必ずそうとは誰もいい切れません。

ナノ化と言われるものは特にそうで
体内に余計な成分が入り込んで
子宮まで到達する可能性も0じゃないです。

帝王切開手術でシャンプーの臭いがする
といった話は有名ですね。

シャンプーほど強力じゃないにしても
化粧品も十分気をつけるべきものです。

ジッテプラスはいろんな成分が入っていて
しかもナノ成分もあることから
推奨はできないもののひとつです。

使うなら軟膏を塗るように
ちょこんと使う程度にしましょう。