ジッテプラスは背中ニキビ向けですが
おしりニキビにも使うことができます。

同じニキビなのでやることは
ほとんど同じですし、
理屈も共通してるので
気になったら使ってみましょう。

・おしりニキビができちゃう理由は?

ニキビは毛穴がある箇所なら
どこでもできる可能性があります。

特に蒸れやすく
刺激が加わりやすいところは要注意です。

それに該当するのがおしりですね。

ニキビは顔がメインですが
お手入れしやすいだけ
まだマシだといえます。

おしりはデリケートな部分なので
どこでもケアできるわけじゃないですし
見にくいので物理的にお手入れが
しにくいというやっかいな箇所。

常に下着を身に着けているので
締め付けにより刺激や蒸れが
容赦なく襲いかかります。

蒸れてると菌が繁殖しやすくなり、
刺激は炎症を呼びます。

女性の場合は男性と違って
下着の圧迫感が強いです。

ニキビができる箇所は
下着のラインと関係があるとも
指摘されています。

あとは現代の事情も
関係してきています。

デスクワークが増えたことや
ストレスも増大してきており、
日本の高温多湿な環境や
都市部の蒸し暑さ。

エアコンによる過剰な空気管理、

食生活の乱れなどなど
関係がありそうなことが
身の回りに溢れています。

あと盲点になってるのは、
洗剤が下着に残留してることや
ナプキンの刺激もあります。

・おしりのケアにもジッテプラスは使える

おしりのニキビや肌トラブルの
原因と思われることはいろいろあって
嫌になってしまいそうですが、
やることは結局同じです。

簡単にまとめると
生活習慣を正せばいいわけで、
それにプラスアルファとして
ジッテプラスを使うという
感覚でOKです。

ジッテプラスは背中ニキビ向けとして
売り出されているのですが、
全身に使えるものです。

保湿に力をいれてることや
ジェルということで
刺激の緩和にも効果が期待できそうです。

化粧品の成分自体もある意味では
刺激になってしまうところもありますが
一時的に緩衝材として使う分には
さほど悪影響はないでしょう。

これは薬と同じ考え方です。

お尻も皮膚が厚いので
ちょうどジッテプラスの狙いに
あってるような気もしますね。

おしり向けのニキビグッズも
いろいろあるっぽいですが、
基本的にどれも化粧品、
もしくは医薬部外品です。

個々の成分に違いはあっても
医薬品と違って効果に劇的な
差はないので、

わざわざおしり向けとされる商品を
買い足す必要もないかなと思います。

要は保湿と刺激の緩和が
できればいいわけですので。