ジッテプラスは思春期ニキビに不向きだと思う2つの理由

jitteplus

ジッテプラスは理論上、
どんなニキビにもいいといえます。

それは年代も関係ないとも考えられますが
基本的にジッテプラスはピンポイントな
対策をしたほうがいいです。

理由は単純に贅沢だし
効果の面から見ても不向きだからです。

乾燥肌に悩む大人でも使えるのだから
思春期でも大丈夫だろうと
思う人も多そうですが、
あんまりおすすめはできないですね。

・ジッテプラスはコスパが・・・

ジッテプラスの最大の特徴は
保湿効果の強さです。

これでもかってくらい
保湿成分を混ぜ込んでいるので
乾燥肌や背中ニキビにお悩みの方向けの
商品ということになります。

カテゴリとしては
オールインワンジェルですね。

ニキビ対策をすべて詰め込んだような
代物ですのでニキビに悩んでいる人なら
誰でもOKみたいなイメージもあります。

メインは大人の背中ニキビ向けですが
背中以外でも使えますし、
大人限定というわけでもないです。

ですから思春期の顔ニキビにだって
使ってもいいのです。

いいのですが・・・
推奨できるかは別問題です。

まずコスパの問題があります。

ジッテプラスは人気商品ですが
コスパの悪さが問題視されてます。

画面越しでは大きく見えますが
実際に見るとかなり小さく、
面積が広い背中向けには
とても見えないです。

知らない人が見ても
背中ニキビ向けとは思わないはずです。

一応ジェルということで
伸びはいい特徴はあるのですが、
それでも1ヶ月前後しか持ちません。

それで5000円もするので
考えものだと思います。
(単品だと7000円もします!)

その点が解消されれば
もっと人気が出てる商品だと思います。

・若いうちから化粧品浸けは問題

続いて成分や効果を見ても
思春期ニキビにはあまり向いてません。

思春期ニキビは成長ホルモンなどの影響で
ニキビが次から次へとできる
最も変化が激しい時期です。

ジッテプラスは医薬品ではないので
即効性がなく対処しにくいのです。

予防効果があるといっても
思春期ニキビの原因は
ホルモン分泌ですので
根本的な対処は不可能です。

成分的にも問題があります。

お世辞にも肌に良い作りには
なっていないので、
若いうちから使うのは
どうかと思う部分もあるわけです。

若いうちは肌が丈夫だからと
強いものをすすめる人が多いですが
それは長い目で見ていない証拠です。

本来は早くから肌の健康について
大人が啓蒙しないといけないのですが
それができていない人が多いです。

ということでコスパと健康上の理由で
思春期ニキビにジッテプラスは
不適だと思う次第です。

ジッテプラスとシアクルを比較するとどっちもどっち?

jitteplus

ジッテプラスのライバルであるシアクルも
けっこう人気があるようです。

販売本数が10万本以上で
楽天でもけっこう売れてて
7年以上の販売実績があったり。

ジッテプラスと同じ背中ニキビ向けの
スキンケアということで
どっちがいいか迷うと思います。

総合的に見るとどっちもどっちなので
なんともいえないところですね。

手間暇をかけたくないなら
ジッテプラスで、
コスパを気にするなら
シアクルがいいでしょうね。

・ジッテプラスとシアクルはどっちがいい?

シアクルがジッテプラスと違う
最大のポイントはアイテム数です。

ジッテプラスはオールインワンジェルなので
使うのは1種類だけですが、
シアクルは石鹸、スプレー、ゲルの
3種類を使います。

スプレーは化粧水に相当するもので
背中に使いやすいよう
スプレー形式にしたようです。

粒子が細かく出てくる形状だから
すばやく肌に浸透するとのこと。

ゲルクリームはジッテプラスと同じく
なんとか根性で手で塗るか、
便利グッズを使うかして
気になるところをケアする美容液です。

気になるのは手間が1つ
多いことでしょうか。

石鹸はどちらを使うにしろ
背中は洗わないといけないので
手間は同じですが、
ジッテプラスは行程がひとつなのは
大きいところです。

スプレーは手軽ですが
毎日のことなので
地味に負担は大きいと思います。

ただ、それにより効果が
出やすいかもしれないのと、
石鹸も付属してくれてることで
洗浄剤を気にしなくていいという
メリットもあります。

それとコスパはシアクルのほうが上。

双方の定期価格は
ジッテプラスが4980円で
シアクルが3120円と
だいぶ違います。

ジッテプラスは初回こそ
980円と激安ですが、

1ヶ月で2000円近い差だと
あっという間に追いつかれます。

半年使うとなると
1万円以上の差が生まれます。

また、シアクルは定期便を
2回目から解約できますが
ジッテプラスは4回と長いです。

返金保証はジッテプラスが90日、
シアクルが100日ということで
そんなに差はありません。

コスパに関してはシアクルのほうが
断然優れているといえます。

成分はどちらも気になる感じです。

というのも成分を浸透させるために
合成界面活性剤を使ってるからです。

成分数が多くなる分、
シアクルのほうがその点に関しては
不利だといえますが、
ジッテプラスも十分多いので
比較しにくいかと思います。

ということで見比べてみると
どっちもどっちという感じなので
好みの方を選べばいいでしょう。

オーソドックスなのは
安い方から試すことです。

ジッテプラスの使用方法|ある程度工夫することも大事

jitteplus

ジッテプラスの使用方法を探ると
たいした情報は出てこないので
あまり参考になりません。

基本は公式通りに
やればいいと思いますが
それはひどく悩んでいるときの
限定かなと思います。

じゃないとコスパが悪くなるし
面倒でもあるからです。

・ジッテプラスの基本的な使い方

ジッテプラスの使い方の基本は
朝と夜の2回塗ること、

夜はお風呂上がりがおすすめ、

塗るときは背中全体へ、

その際、手は温かいほうが
浸透性がアップするようです。

背中全体に塗るときは
さくらんぼ大が目安量で
手のひらになじませてから
素手でやります。

逆に素手以外の方法はあるのか
と思いますが。

基本中の基本はこんな感じで
公式でもいってるから
誰でも知ってると思います。

説明書に書いてますよね。

ちょっとした応用として
冷蔵庫に冷やしておく人もいます。

そうすると風呂上がりは特に
ひんやり気持ちよくなるので
癖になるかもしれないですね。

ちなみに背中ニキビだけでなく
全体に塗る理由は
広範囲に渡って予防するため
だそうです。

たしかにニキビはどこから
できるかわからないので
変な理屈とはいえません。

薬だと副作用があるので
炎症部分しか塗ってはいけませんが
化粧品(医薬部外品)だと
そういうことができます。

顔に使う場合は洗顔した
直後に使うといいらしいです。

浸透性を謳ってるからでしょうか。

化粧水はジッテプラスのあとに
使って仕上げるのがいいとのこと。

また、朝は誰もがシャワーを
浴びる習慣がないことから
お湯で濡らしたタオルで
ひと拭きしてから使うのが
推奨されています。

寝ている間も皮膚は新陳代謝していて
汗もかいているので。

・ケチることも重要

少々気になるのはコスパです。

ジッテプラスの
最大の欠点といえるところですね。

ジェルなので伸びは悪くないですが
背中全体となると
けっこうな量を使うことになります。

さくらんぼ大というと
そんなに大きくないような
イメージがあるかもしれませんが、
実際指にとってみると
ごっそりって感じだと思います。

それを1日2回もするとなると
けっこうな量になってしまいます。

一応それでも1ヶ月分とのことですが
値段的にリーズナブルとはいえないので
多少は工夫したほうがいいですね。

背中全体といってもあんまり
ニキビや黒ずみなどで
悩んでいない部分は
塗らなくてもいいと思います。

どのくらいの範囲を塗るかは
人それぞれだと思うので
使っていくうちにわかると思います。

あとは頻度を変えてみたりですね。

ぶっちゃけ1日2回は
めんどくさくないですか?

そういうことも含めて工夫すると
コスパもよくなると思います。

ジッテプラスでシミを治せる?どちらかというと予防目的

jitteplus

ジッテプラスはシミにも
効果があると言われています。

美白成分と界面活性剤の影響により
角質層に溜まったメラニンには
作用するかもしれません。

しかし医薬品ではないので
効果は非常に緩やかですので
長い目でみる必要があります。

・シミとはなにか

シミは主に紫外線の影響で
できるものです。

しかし他にもいろんなことが
原因でできることもあります。

よくある紫外線によるシミは
日光黒子(にっこうこくし)といい、

雀卵斑(じゃくらんはん)、
通称そばかすは遺伝による影響が
大きいと言われ、

ニキビや化粧品などのかぶれにより
炎症後色素沈着が起こり、

ホルモンバランスの影響で
肝斑(かんぱん)ができたりと
シミにもいろいろ種類があります。

見た目は悪いですが
肌を守るための防御機能なので
本当は良いことをしてくれてます。

ニキビも悪化すると
肌が傷ついて薄くなるので
紫外線の影響を減らすために
メラニン色素が発生します。

ニキビや日焼けなど
一時的と言えるものは
いずれ自然と排出されていきます。

ただ、いつもニキビに悩んでいる人は
新陳代謝が悪いと思われるので
シミも残りやすい体質に
なっている可能性があります。

ホルモンバランスが悪いとかも
よく言われますよね。

そういうこともシミに大きく
関係しているのです。

・ジッテプラスはシミにも効く?

ジッテプラスはシミにもいいと
評判になっています。

使ってみるまでなんともいえませんが
頑固なシミにもいいという人もいます。

おそらくターンオーバーの乱れにより
排出が滞っているメラニン色素を
なんとかする力が備わっている、
ということでしょう。

その根拠となっているのが
プラセンタとプルーン酵素エキスです。

プラセンタは美容全般にいいとされる
栄養価がとても高い物質で、
保湿、ホルモンバランス調整など
多くの効果が期待できると言われてます。

メラニンの生成を抑制するという
ストレートな効果もあるようです。

プルーン酵素はシミを消すというより
予防する力があると言われてます。

メラニン色素は皮膚内の細胞に
取り込まれることでシミになりますが
プルーン酵素はそれを防ぐとのこと。

それ以外にも界面活性剤で
成分を浸透させたり、
様々な保湿成分などで
肌ケアをすることで総合的に
シミを改善・予防することに
なるのだと思われます。

ただし、医薬品ではないので
即効性は期待しないほうがいいです。

ジッテプラスは医薬部外品なので
基本的に予防効果を期待するもので
これ以上悪化しないように
使うような意味合いを含みます。

ジッテプラスを最安値で買う選択肢はいくつかあります

jitteplus

ジッテプラスを最安値で買う方法は
すでにみなさんがご存知の通りです。

裏技を使うと公式よりも
安く買えるかもしれないですが
どうするかはあなた次第です。

通販限定商品でないなら
楽天やアマゾンでもいいと思いますが
ジッテプラスは違うので
結局公式が一番ってことです。

・ジッテプラスの最大の欠点

ジッテプラスは人気がある商品ですが
おそらくほとんどの人が不満に
思っているのが価格です。

まともに買うと7000円ほどで、
しかも容器が小さいので
コスパがとても悪いです。

しかも面積が広いので
ケチるのも一苦労です。

だからなるべく安く買うのは
とても重要なことなのは
間違いないです。

とはいうものの、
ジッテプラスの場合は
購入する際も非常にやっかいな
特徴があります。

それが定期縛りです。

1本目は安く買えても
4本買うのが条件なので、
結局15000円くらいかかります。

定期だと初回が980円で
非常に魅力的な価格ですが、
それには裏があるのです。

定期だと単品で買うよりも
2000円ほど安いので、
けっこうマシではありますが、
それでも高いと言わざるを得ません。

これが顔の一部を対象にしてるのなら
まだわかります。

背中は最も面積が広い部位ですので
もうちょっとそれも考慮した
作りにできなかったのかと
多くの人は思ってるはずです。

・ジッテプラスを最安値で買う方法

コスパが悪いことでも
有名なジッテプラスということで
少しでも安く手に入れる方法を
提案したいと思います。

4個も買うのに抵抗があるなら
単品をふつうに買うほうがいいですね。

その場合、公式サイトよりも
楽天やアマゾンといった
大手ショッピングサイトのほうが
若干安い可能性があるので
そのほうがベターになります。

もしくは定期で申し込んで
全額返金保証を使う方法があります。

これがおそらく試す上では
最安値となる方法だと思われます。

返送にかかる送料はかかりますが
商品代金はまるまる返ってくるので
数百円で試せることになります。

オークションやフリマアプリで
探す方法もあります。

ただその方法だと新品で
出品されてることがほとんどなので
あまりお得ではないです。

アマゾンとか楽天とかと
比べてどうかっていう話になります。

手間としてはどちらも大差ないので
使いやすい方を選べばといいと思います。

効果が出るまで試したいのなら
ふつうにみなさんが推奨する
公式で定期コースに申し込んで
4個以上買う方法が最安値です。

全額返金保証する以外の方法だと
それなりにお金がかかってしまうので
よく考えてから購入してくださいね。

ジッテプラスが効かないのはある意味では当然っていう話

jitteplus

ジッテプラスが効かないという
口コミもけっこうあるのを
ご存知でしょうか?

初回が安くその後も
20%ほど安く買えるとはいえ
そんな評判があったら
不安に思う方も少なくないはずです。

今回はなぜ効かないという
人もいるのか考えていきます。

それはそれで当たり前だということを
理解した上で使うか使わないかを
判断しましょう。

理解度があやふやなままだと
納得には至らないので注意してください。

・効くか効かないか不安ですか?

ジッテプラスは保湿に力をいれた
背中ニキビ専用として作られた
ジェルクリームです。

背中ニキビ専用と言っても
他の部位に使ってもいいので
顔に使ってる人も多いかもしれません。

顔だとわかりやすいと思います。

背中より乾燥肌の悩みが切実で
目立つので効果の有無も
判断しやすいからです。

まあどこに使おうと
効果のでかた、感じ方は人それぞれ。

それゆえに買うか買わないか
迷っている人は多そうですが
とりあえず効かないことも
前提としたほうがいいでしょう。

どういうことかというと、
ニキビの本質に気づけないと
何を使っても無駄だからです。

おそらく多くの人は
ジッテプラスに限らず
いろんなニキビスキンケアを
使ってきたと思います。

背中ニキビに悩んでいた人は
特に注目度が高かったと思います。

一時期は芸能人の方も
起用していたのでなおさらです。

でもそんなことを繰り返していても
ニキビは治りませんし、
下手したら悪化するだけです。

化粧品が原因で悪化することは
アレルギーでもない限り
ほとんどないと言えますが、
長期的に使ってたら話は別です。

・化粧品の問題点

ほとんどの化粧品は長く使うほど
肌のバリア層を貧弱にする
要因が隠れています。

成分を浸透させるためには
合成界面活性剤を使って
皮膚バリアを壊す必要があり、
それが肌の乾燥を招きます。

合成ポリマーでコーティングしても
水分の蒸発は防げません。

さらには外部から保湿成分を
使い続けることで、
本来の保湿能力を損なう
原因にもなります。

ジッテプラスのような
オールインワンジェルだと
抗炎症成分も含んでるので、

ニキビの沈静化や
応急処置としての保湿は
ある程度期待できるかもしれませんが
あくまでその場しのぎです。

ニキビが発生するのも改善するのも
体の健康状態によって
大きく左右されるものであり、
化粧品でどうのこうの
できるものではないのです。

ニキビがよくなったという人は
体が元気な状態だった可能性が高いです。

もしくは健康に気を使って
生活してきた人だと思います。

それ以外の人はいくら化粧品を使っても
効かないと文句をいう羽目になります。

ジッテプラスの@コスメの評判を調べてみたら・・・

jitteplus

ジッテプラスは@コスメにも
登録されているので
口コミを見ることができます。

@コスメは化粧品情報サイトとして
おそらく日本で一番有名なので
口コミチェックの基本ですね。

全てではなさそうですが
プレゼントも実施しているので
試しに使ってみたいときは
応募してみるといいと思います。

実際にモニタープレゼントされて
レビューしている人も多いので
参考になります。

ただジッテプラスの場合は
なぜか口コミ数が少なく
2018年9月1日の時点で
8件しかありません。

それをどう捉えるかですが、
ないよりマシなので
参考にさせてもらおうと思います。

・@コスメの口コミは両極端だった

ジッテプラスの@コスメの評判を
一部抜粋して紹介します。

モニターとして使用した
アラフォー女性の場合、

べたべたすると思いきや
さらっとしていて、
乾くと肌がしっとりするので
クリームを重ねなくてよくて
満足されています。

乾燥してかゆくなることもなく
背中にもうるおい感を感じで
ニキビも新たにできず
いい調子だそうです。

アラサー女性の場合、
背中ニキビに悩んでいて
1年位使っている経験者。

3ヶ月使っても効果を感じなかった
そうですが根気よく続けると
新しいニキビがほぼできなくなり、

ニキビ跡の色素沈着も
少し気になるくらいに
落ち着いてきたそうです。

コスパがよくないですが
リピートしたいとのことで
かなりの高評価だと思います。

一方で星1つを付ける人もいます。

前の二人は星6と5だったので
正反対な評価です。

この方もアラサー女性で
背中ニキビに悩む中心世代。

たまたまネットで見つけて
初回が安いので買ったのはいいものの、
半年使っても効果がなかったそうです。

ニキビ跡はよくならないし
むしろ増えていったそうな?

解約するにも一苦労で
ちょっと強引気味に休止を勧められ
3ヶ月間休止することに。

やめてからピーリングと
イオン導入したら綺麗になったので
このまま何ヶ月も続けるよりいいし、
値段も大差ないと思う。

という感じでなかなか説得力があります。

星1つ付けた人がもうひとりいます。

その方はアラフォー女性で、
口コミがよかったのをきっかけに
定期購入したそうですが、
半年使っても効果がなかったそうです。

背中ニキビはひどいほうではないが
またにポツッとできたりするし、
ニキビ跡も全く変わらずだったそうです。

さらに付け加えるように
4回買わないと解約できないのは嫌だった、

ステマかと思うくらい
良い口コミだけだったので
怪しむべきだったとズバッといってます。

色んな意味で参考になりますね。

ジッテプラスは毛穴ケアにもなる?洗浄サポート機能あり

jitteplus

ジッテプラスを使うと
肌がつるすべになって
きれいになったという口コミが
散見されます。

それは一時的に毛穴の汚れが
取れたことも関係している
かもしれません。

ジッテプラスは軟膏薬のように
ただ殺菌や消炎するだけでなく
様々な効果が盛り込まれた化粧品。

保湿を重視していますが
洗浄効果もあるそうなので
それも評判を支える一因に
なっているかもしれないですね。

・ニキビの悩みは毛穴の悩み

ニキビに悩んでいる方なら
誰でも知ってると思いますが、
ニキビは毛穴トラブルの最たるもの。

通常なら毛穴は老廃物を排出するための
穴なわけですがなんらかの理由が重なり
詰まってしまうことがあります。

それが新陳代謝が悪い状態であり、
ターンオーバーが乱れたと
言われる現象ですね。

もちろん角質層も厚くなるので
肌が黒ずんでくるわけです。

角質はほぼ透明ですが
分厚くなると色が出てきてしまいます。

サランラップは透明だけど
重ねていくうちに白くなって
透明度がなくなっていくのと
同じ理屈ですね。

皮脂は酸化すると黒くなる性質があり
ポツポツ目立つことにも繋がります。

もとを正さないと意味がないですが
とりあえず不必要な汚れを
取り出すこともまた
大事な考えになっています。

・ジッテプラスが毛穴にいい意味を考察

ジッテプラスがちょっと変わってるのは
背中ニキビ向けということだけでなく
多少の洗浄効果もあることです。

グリチルリチン酸ジカリウムと
アーチチョークエキスと
スターフルーツ葉エキスに
洗浄効果があるとのこと。

この3つの成分が抗炎症ならびに
毛穴の黒ずみと目立ち、乱れを防ぎ
肌を清浄しますと謳っています。

ちょっと曖昧なのが気になりますが
まあそういうポテンシャルを
植物に秘められていても
おかしくはないでしょう。

(洗浄をサポートとも言ってるので
ボディソープや石けんのようには
いかないというニュアンスも含むと
考えられます)

他にはプラセンタエキスと
ビタミンCとプルーンエキスに
美白効果があるとのことなので
そういう美肌成分のちからも相まって
毛穴ケアにもなるのでしょう。

口コミを見ると肌がワントーン
明るくなったとかいうのも見かけるので
効果が全くないわけではなさそうです。

ただ、あくまでジッテプラスは
美容液に分類されるものなので
汚れを洗い流すというものではないです。

なのでおそらく美肌成分で肌の健康を促す、
すなわち新陳代謝を少しでも良くすることで
体を洗う時にサポートできますよ、
というようなことだと思われます。

ジッテプラスに化粧水を上塗りすべき?デューテならOK?

jitteplus

ジッテプラスはいうなれば
オールインワン化粧品なので
化粧水はいらないと思いきや、

けっこう化粧水も使いましょうと
おすすめしてる人もいます。

理由を探ると納得できる部分も
ありますが基本的には
あまり必要ないかなと思います。

ニキビ跡ケアをしたいなど
特別な機能があるものならまだしも
似たようなものを使っても
コストが嵩むだけです。

・ジッテプラスに化粧水を更に使う?

ジッテプラスはご存知の通り
背中ニキビ向けのクリームです。

ただのクリームではなく、
様々な機能が盛り込まれた
ゲル状のクリームです。

抗炎症成分はもちろんのこと
保湿を重視した作りになっていて、
美容効果もあるとされています。

一時期から人気の定番となった
オールインワン化粧品の一種で、
そのニキビスキンケア版といったところ。

洗顔以外はそれだけでOKってものなので
かなり楽なのがウリのひとつですね。

特に保湿に関しては背中向けってことで
かなり力が入っています。

ヒアルロン酸だけでも
3種類も入ってるのは
あんまり見かけない特徴です。

ということでジッテプラスを
使っているのなら
化粧水はいらないかなと思います。

2つの意味で。

化粧水は各個人や各メーカーによって
定義はバラバラだと思いますが、
基本的には保湿アイテムです。

最近はいろんな機能が付加されて
幅が広がっている感じですが
基本機能は昔から保湿です。

ジッテプラスは前述の通り
保湿力がある化粧品なので、
さらに使う意味がありません。

すでに持っている分を
時間差をつけて使うというのなら
まだしも新たに買い足すことは
おすすめできません。

お金が余計にかかるからですね。

機能とコスパ、両方の意味で
ジッテプラスと化粧水を
併用するのはどうかなぁと思います。

・興味があっても慎重に

ただ、公式サイトでは
化粧水もおすすめされています。

これは企業的な意味合いが大きいので
鵜呑みにするのもどうかと思いますが、

言い分としては化粧水でパックすることで
さらに保湿効果を高めるというもの。

ジッテプラスの販売元であるイッティは
デューテという化粧水も出してるので
まあおすすめするのは
自然の流れかなと思います。

しかしデューテはジッテプラスと
同じ値段なので余裕がなければ
使い続けることはまず無理です。

そしてデューテはニキビ跡専用なので
気にならないなら無理に
使う必要もないと思います。

一応ジッテプラスにも
ニキビ跡ケアに使われている
成分が入ってはいるので、

化粧水に興味が沸いたとしても
まずはお試しとして
ジッテプラスだけを
使ってみたほうがいいです。

ジッテプラスは黒ずみに効果的かどうかの判断は難しい

jitteplus

ジッテプラスは黒ずみに効果があるのか
気になってる人も多いでしょう。

紹介する側からしてみれば
効果があるのは当たり前ですが、
客観的に見ると必ずしも
そうとはいい切れません。

黒ずみができるということは
肌全体の新陳代謝が
悪くなってる証拠ですが
そこに化粧品の影響がどれだけ
及んでいるかがポイントになります。

・黒ずみはなぜ発生するか

ジッテプラスは本来、
背中ニキビ向けの商品ですが
オールインワンタイプなので
いろんな効果があると
期待されています。

黒ずみもそのひとつです。

黒ずみはメラニン色素や古い細胞が
溜まることで肌の色が暗くなる現象。

肌の色が暗くなると
文字通り暗い印象になり、
下手すると病気かと
疑われてしまいます。

黒ずみはニキビとも関係があるので
それもいっぺんに解決できれば便利!
などという発想で
作られたのかもしれません。

黒ずみが発生する原因は
生活習慣の乱れによる新陳代謝の悪化、
強い刺激が繰り返されることで
メラニン色素と角化が過剰に進行するの
主に2つがあります。

どちらかというと前者が背中、
後者が顔である可能性が高いと思われます。

背中はそんな頻繁に化粧品などを
塗ったりしないですが
顔は頻繁に使いますよね。

ただ背中もブラシでゴシゴシ洗うといった
間違った洗い方を繰り返していると
発生しやすくなってしまいます。

それに加えて体の機能そのものを
悪くしてしまうジャンクフードなどの
食生活の乱れが影響して、
なかなか不要な物質が排出されない
という悪い相乗効果も起こりえます。

・表面の黒ずみなら効果的?

ジッテプラスはニキビの炎症を
抑えるだけでなく美白成分も入ってるので
効果があるとよく言われます。

ビタミンC、プラセンタ、
プルーン酵素がそれです。

他にもいろんな植物成分があるので
そういうのも関係していると思います。

また、合成界面活性剤を使用してるので
長期的には肌に悪いですが
短期的だと成分の浸透を促し
効果がでやすいかもしれません。

いまは契約期間が終了していますが
かつてイメージキャラクターを務めていた
グラビアモデルの手島優さんは
こんなコメントを残しています。

肌が柔らかくなって
色も明るくなった感じです、と。

黒ずみは肌の表面に堆積する
老廃物により起こるものといえるので
そのくらいの効果なら
期待できるかもしれません。

ただ、それがジッテプラスの
おかげかどうかはなんとも言えない
部分もあります。

もし角質層より奥の色素沈着だと
化粧品だとあまり作用させれないので、
もし治ったとしたら自然治癒力で
治っただけという可能性もあります。

ページの先頭へ