このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中ニキビがかゆくなった時の対策はあるのか?

背中ニキビがかゆい場合はどういう部分に気を付けて、どんなニキビケアを自宅にいる場合は心がけて行えばいいのでしょうか?私が知っている限りですが分かる範囲で書いておこうと思います!宜しくお願い致します

 

 

背中ニキビがでかゆみを伴う場合、主な原因として考えられるのは背中の皮膚の「乾燥」、「細菌の繁殖」です。
お肌が乾燥してしまうと、ちょっとした刺激や摩擦で肌が傷つけられてしまい、角質層のバリアが低下しニキビをもっと悪化させてしまいます。

 

背中の皮膚を乾燥させてしまう原因としては、肩こり、背中のコリから引き起こされる血行不良です。
長時間同じ姿勢でのデスクワーク、家事などをしていると肩や、背中の筋肉が硬直し血液の流れが滞るために、お肌に必要な栄養素、酸素が十分に届かないために乾燥肌になってしまうのです。
また、日焼けのしすぎによる肌のダメージによっても乾燥肌を引き起こしてしまいます。

 

乾燥した肌の毛穴は十分な水分がないため硬くなり、皮脂が異常に分泌することによって毛穴に皮脂がたまりやすくなってしまいます。そうして菌が繁殖しやすい環境が整えられてしまうために、かゆみを伴うニキビができてしまうのです。

 

かゆいからといって、むやみに手で掻き毟ったり、むだに気にしてさわったりしていると、よけいに乾燥がすすみ、不衛生な環境が保たれてしまい、菌も増えつづけてしまうので、炎症も悪化し最終的にはニキビ跡や色素沈着になってしまいます。

 

かゆみを少しでもやわらげるために、十分な保湿を心がけましょう。
スプレー状になった、セラミドやヒアルロン酸、ビタミンC導入剤などが配合された化粧水を吹きかけるだけでもずいぶん背中の保湿力が高まります。
姿勢を正し、日常のちょっとした場面で軽いストレッチや運動を取り入れ、背中、肩の血行を促します。
かゆみを引き起こしている背中の皮膚は敏感肌になっていることが多いので、化学繊維の衣類は直接肌に触れないように遠ざけ、通気性のよい天然素材のインナーを着て肌を守りましょう。汗をよくかく方は汗で背中が蒸れてかゆみを引き起こしている場合もありますので、汗をこまめにふきとるなど、汗対策をしっかりして背中を清潔に保ちましょう。
もしかしたら、今使っているシャンプー、リンス、コンディショナー、ボディソープ、洗濯洗剤などが肌に合ってないかもしれませんので、ひとつひとつ肌に優しいものに変えてみるのもおすすめです。

 

かゆみに耐えられずどうしても掻きむしってしまいたくなる衝動にかられたら、氷や保冷剤で患部を冷やすのも効果的な応急処置になります。掻きむしる行為は一番ニキビの改善を遠ざけますので絶対にやめましょう。

 

こういったかゆみ対策をしても何も改善しない場合、またかゆみがとてもひどくて気になる場合は、ニキビ薬をぬるよりもかゆみ止めを使って先にかゆみをおさえましょう。もしかしたらニキビではない皮膚疾患である可能性も考えられます。一人で悩み込まず、すぐに皮膚科での受診をおすすめします。病院では速攻力のあるかゆみ止めなども処方してくれますので、
かゆいからといって無意識にぼりぼり掻き毟ってしまうよりも、短期的にかゆみ止めを使って炎症を抑える方がよいでしょう。

 

背中は自分の目では実際見に見ることができない部分ですし、一見ニキビに似ているようで全く違う症状である場合もよくあります。症状が重い場合は専門家にすぐに診てもらうのが一番の症状を改善する近道になるでしょう。