このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中ニキビ専用の薬って売っているのかな?

背中ニキビは非常にやっかいです!手も届きにくいし専用品も数少ないからですね、擦れたり摩擦すると痛くて寝れない時もあるしそんな中で私の経験を元に大事なポイントをまとめてみました

 

背中ニキビには、「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」、「黄ニキビ」の4種類があり、症状によって塗り薬を使い分けると良いでしょう。

 

気軽に低コストで手に入る市販薬は初期症状の背中ニキビ、「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」には効果があります。薬の効き目は人によって様々なのである程度の期間塗り続けても何も改善が見られない場合は、皮膚科の受診をお勧めします。
また、「黄ニキビ」はニキビの症状の最悪の状態で、化膿してへたにいじると後々ニキビ跡になってしまう恐れがあります。「黄ニキビ」ができてしまったら、素直に皮膚科で診てもらい適切な薬を処方してもらう方が良いでしょう。

 

初期状態の「赤ニキビ」に一番即効性のある市販薬は「テラ・コートリル」です。病院でも処方されているステロイド系の強力な効果のある塗り薬なので、ニキビができている患部に薄くのばすと早くて翌日から1週間の間で効果ができます。
ステロイド系の塗り薬はとても強力なので副作用が強く、使用期間は1、2週間にとどめておきましょう。
「スイッチOTC」と呼ばれる以前までは病院でも使われていた成分が配合されている市販薬は比較的効果が高いです。大体ドラッグストアーで2000円以内で手軽に購入できるので、応急処置的に使用するのには便利かと思います。

 

西洋でニキビ薬としてよく親しまれている天然素材の薬といえば「ティーツリーオイル」です。ティーツリーは強力な殺菌力があるハーブで、肌のトラブルのあらゆるを解決してくれる万能オイルです。ハーブなので抵抗なく安心して使えるところもポイントです。綿棒で少量をとり、お風呂上がりなどにニキビの部分にそっとぬります。ティーツリーオイルを使用した、オリジナルの手作り化粧水をつくってスプレーできる容器に保管しておけば、もっと簡単にまんべんなく背中にふりかけることもできますし、匂いがとてもさわやかなので、市販薬独特の匂いよりも人によってはつけごごちがいいかもしれません。

 

今では様々なコスメティック会社から優秀なニキビケア商品がでまわっており、背中ニキビにも対応してミスト状になっている薬用化粧水なんかも販売されているので、塗り薬と併用して使うのもいいかもしれません。背中の感想を防ぎ、清潔な環境を保つことはニキビを早く改善することにもつながります。

 

皮膚科で受診してもらえば、病院で抗生物質を含んだ薬を処方してもらえるので、ずーっと長いこと背中の赤ニキビ、黄ニキビで頭を悩ませている方は一度専門医に診断してもらうことをおすすめします。病院では塗り薬だけではなく、体の内側から肌を改善するための、ビタミン剤などのサプリメントを飲み薬として一緒に出してくれるところが多いですし、病院によっては体の体質改善のためにも漢方の処方をすすめてくれるところもあります。
背中のニキビは一度できると完治するまでにある程度の時間がかかるのが一般的ですし、たとえ一度治っても生活習慣の態度によっては再発する可能性があります。後々ニキビ跡や長期間の背中ニキビで悩まされないためにも、早めに適切な診断を受け、体の中から体質改善していくことが背中ニキビに悩まされない人生をおくるポインドです。