このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中ニキビがある場合。寝るときってどうしてる?

背中にニキビができている人は、寝るときもちょっとした気遣いやくふうがニキビの改善につながります。これ以上悪化させないためにも、今までの寝る前、寝る時のルーティーンを見直してみましょう。

 

まず、肌に直接身につけるパジャマ、下着を毎日変えて清潔な状態を保ちます。人はたとえ寒い冬の夜でもだいたいコップ1杯の寝汗を毎晩かいているのです。パジャマだけでなく、その寝汗で寝具も雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。ですから、パジャマや、寝具はなるべく通気性の良い天然素材のもの、綿、麻、シルクなどを選ぶようにしましょう。背中をきつく締め付けるブラジャーや、ぴちぴちの汗を吸わないトップスは避けるようにしましょう。シーツもこまめに洗濯をすることを心がけ、上半身が横たわる箇所にはバスタオルなどをしいて、毎日きれいなものに取り替えられると清潔な寝床を保つことができます。
布団で寝ている場合は、天気の良い日には天日干しをし、ベッドの場合は寝具用の掃除機をかけて、ダニや埃、細菌などニキビの原因となる要因をこまめに排除することも忘れないようにしましょう。
梅雨から夏にかけては湿気が多くなり、逆に秋から冬にかけては乾燥してくるように、季節によって寝室の温度、湿度もこまめに調整し、質の良い睡眠がとれる環境を整えましょう。

 

また、寝るときの姿勢も背中のニキビに影響を与えている可能性があります。仰向けになって寝ると背中が敷き布団やマットレスに圧迫され、通気性が悪くなり汗で湿気がたまりやすくなるため、ニキビができている背中には良くない環境が保たれてしまいます。また、重力で背中が圧迫されてしまうので、赤ニキビが圧迫され後々ニキビ跡が残ってしまう可能性があるのです。
うつ伏せで寝れば背中自体の通気性がよくなることはまちがいないのですが、うつ伏せの姿勢は呼吸器官や内臓に負担がかかるので、基本的に健康に良くない姿勢と言えます。
寝ているとき、私たちは無意識なので寝方をコントロールすることはとても難しいことではありますが、なるべく偏って同じ姿勢を保ったまま眠るのではなく、まんべんなく寝返りができる睡眠状態がよいでしょう。

 

就寝につく2、3時間前には、入浴で体全体の血行をよくし、背中に適度な保湿をします。お風呂上がりの軽いストレッチやヨガ、マッサージもさらに血行促進、心と体のリラックス効果があるのでおすすめです。

 

入浴後は、刺激の強い照明を遠ざけ、ぐっすり眠れるように心と体を落ち着かせてあげます。
お酒の飲み過ぎ、寝る前の食事は内臓を寝ている間もフル稼働させることになり体に負担を与えるので、良質な睡眠の妨げになります。また、アルコールは寝汗の量を増やす原因にもなるので、少なくとも就寝3時間前からは食べることを控えましょう。

 

いわゆる「シンデレラタイム」や「ゴールデンタイム」と呼ばれる、22時から2時までの間の睡眠は、成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが促進し、背中のニキビにとっては一番の特効薬となります。
なるべく毎日規則正しい生活を心がけ、質の良い睡眠をたっぷりとることが憎い背中のニキビの改善にもっとも効果的な対策と言えるでしょう。