このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中にニキビが出来る原因を知る事も大切です!

背中ニキビの原因は皮膚の部分で見ると顔に出来るニキビと理屈は同じですが私生活の中において悪化を引き起こしている部分もたくさんありますので1つずつ定義していきます

 

 

 

背中のニキビの原因は様々な生活習慣からくる要因が重なり合っており、
一度ニキビができてしまうとなかなか簡単には治ってくれません。

 

ですから背中ニキビができてしまったら、
一度自分の生活習慣を見直す必要があります。

 

背中ニキビは、アクネ菌またはマラセチア真菌が、
過剰な皮脂分泌で詰まってしまった毛穴や角質を
えさに繁殖し炎症を起こしている状態です。

 

原因がマラセチア真菌だった場合は、普通のニキビとは少し違い
治療薬も変わってきますので、適切な専門家の診断が必要になってきます。

 

過剰な皮脂分泌が起こってしまう要因として考えられるのは、
ストレスやホルモンバランスの崩れによる男性ホルモンの過剰分泌によるもの、

 

生理前、生理後の黄体ホルモンの分泌によるものだったり、
脂っこいものばかりの偏った食生活、背中の肌の乾燥にによるものだったりします。

 

背中の肌の乾燥は、毎日の同じ姿勢でのデスクワークや
家事による肩こりや悪い姿勢による血行不良が原因だったりもします。

 

肌が乾燥していると、肌を外気から守るために水分の代わりに油分を過剰に分泌し、
乾燥した毛穴は柔軟性を失い皮脂のつまりが起こります。

 

背中はもともと皮脂の分泌腺が発達しており、
毛穴も多いので汗と皮脂の分泌が盛んな場所です。

 

汗や皮脂の分泌が活発な背中をそのまま放置しておくと、
やがて背中は格好の菌の繁殖地となりニキビができてしまうのです。

 

人は気づかない間に自然に毎日背中に適量の汗をかいています。
とくに寝ている間は冬場でさえもコップ一杯分の寝汗を普通にかいているので、
ずっと同じパジャマやシーツの上で寝ているととても不衛生です。

 

また、過剰な日焼けも背中の乾燥につながりますし、紫外線の影響で肌は
かなりダメージを受けています。お肌の質によっては、敏感肌だと気づかずに
衣類の摩擦や、下着に残っている洗濯洗剤の影響で炎症を起こしている場合もあります。

 

髪の毛が長い方は、背中に直接覆われた髪の毛も皮膚にダメージを与える原因になりえます。

 

髪の毛は埃や花粉などがつきやすく、シャンプーやコンディショナーの成分が
すすぎ残されていることも多いですし、多くの方は整髪剤をつけているので、
敏感な肌には天敵となります。

 

よくある例では、背中に残ったシャンプーやコンディショナー
またはボディソープの成分がアレルギー反応を起こし、
肌のバリア機能を低下させてニキビの原因となっていることが多いのです。

 

このように様々な生活のささいな要因がからみあって、
背中の肌に大きく影響を与えているのです。

 

どれが主な要因か見極めるのはとても難しいことですが、
背中ニキビができてしまったら、一度自分がどのように毎日を過ごしているのか
改めて見直してみる必要があります。

 

アクネ菌もマラセチア真菌も常在菌ですので、人間の体には必ず生息している菌で、
背中の肌に異常がなければ増えることもありませんし、悪さをすることもありません。

 

ですから今一度最近、ストレスをためすぎてないかどうか、寝不足になってないかどうか、
食生活はバランス良い食事を心がけているかなど、一つ一つ確認し、
生活習慣を変えていくことが背中ニキビを改善する第一歩となります。

背中ニキビの原因は皮膚の部分で見ると顔に出来る
ニキビと理屈は同じですが私生活の中において
悪化を引き起こしている部分もたくさんありますので
1つずつ定義していきます

 

背中のニキビの原因は様々な生活習慣からくる要因が重なり合っており、
一度ニキビができてしまうとなかなか簡単には治ってくれません。

 

ですから背中ニキビができてしまったら、
一度自分の生活習慣を見直す必要があります。

 

背中ニキビは、アクネ菌またはマラセチア真菌が、
過剰な皮脂分泌で詰まってしまった毛穴や角質を
えさに繁殖し炎症を起こしている状態です。

 

原因がマラセチア真菌だった場合は、普通のニキビとは少し違い
治療薬も変わってきますので、適切な専門家の診断が必要になってきます。

 

過剰な皮脂分泌が起こってしまう要因として考えられるのは、
ストレスやホルモンバランスの崩れによる男性ホルモンの過剰分泌によるもの、

 

生理前、生理後の黄体ホルモンの分泌によるものだったり、
脂っこいものばかりの偏った食生活、背中の肌の乾燥にによるものだったりします。

 

背中の肌の乾燥は、毎日の同じ姿勢でのデスクワークや
家事による肩こりや悪い姿勢による血行不良が原因だったりもします。

 

肌が乾燥していると、肌を外気から守るために水分の代わりに油分を過剰に分泌し、
乾燥した毛穴は柔軟性を失い皮脂のつまりが起こります。

 

背中はもともと皮脂の分泌腺が発達しており、
毛穴も多いので汗と皮脂の分泌が盛んな場所です。

 

汗や皮脂の分泌が活発な背中をそのまま放置しておくと、
やがて背中は格好の菌の繁殖地となりニキビができてしまうのです。

 

人は気づかない間に自然に毎日背中に適量の汗をかいています。
とくに寝ている間は冬場でさえもコップ一杯分の寝汗を普通にかいているので、
ずっと同じパジャマやシーツの上で寝ているととても不衛生です。

 

また、過剰な日焼けも背中の乾燥につながりますし、紫外線の影響で肌は
かなりダメージを受けています。お肌の質によっては、敏感肌だと気づかずに
衣類の摩擦や、下着に残っている洗濯洗剤の影響で炎症を起こしている場合もあります。

 

髪の毛が長い方は、背中に直接覆われた髪の毛も皮膚にダメージを与える原因になりえます。

 

髪の毛は埃や花粉などがつきやすく、シャンプーやコンディショナーの成分が
すすぎ残されていることも多いですし、多くの方は整髪剤をつけているので、
敏感な肌には天敵となります。

 

よくある例では、背中に残ったシャンプーやコンディショナー
またはボディソープの成分がアレルギー反応を起こし、
肌のバリア機能を低下させてニキビの原因となっていることが多いのです。

 

このように様々な生活のささいな要因がからみあって、
背中の肌に大きく影響を与えているのです。

 

どれが主な要因か見極めるのはとても難しいことですが、
背中ニキビができてしまったら、一度自分がどのように毎日を過ごしているのか
改めて見直してみる必要があります。

 

アクネ菌もマラセチア真菌も常在菌ですので、人間の体には必ず生息している菌で、
背中の肌に異常がなければ増えることもありませんし、悪さをすることもありません。

 

ですから今一度最近、ストレスをためすぎてないかどうか、寝不足になってないかどうか、
食生活はバランス良い食事を心がけているかなど、一つ一つ確認し、
生活習慣を変えていくことが背中ニキビを改善する第一歩となります。