まず、初めに背中ニキビができる原因の解説と、それに伴う食生活の改善方法やスキンケアの方法などを解説します。スキンケアなどのついては使用する石鹸や、着る衣服などによる改善効果のある方法の説明もします。特に着る衣服に関しましては吸水性の優れた製品を紹介します。

・背中ニキビができる原因は何?

背中ニキビに限らず、ニキビができる原因はニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖して毛穴を塞ぐことによりニキビになります。アクネ菌は皮脂の汚れを栄養として増殖して増える菌で殺菌してもまた体内で作られるため、常在菌で常に肌に潜んでいます。ですので肌を清潔に保つため、皮脂汚れを落とすことができる石鹸やボディソープを使用すれば栄養が取れなくなりアクネ菌は減ります。

アクネ菌さえ増えなければ毛穴を詰まれ背て炎症を起こしニキビとなることも無いのです。にきびの正体はアクネ菌の増殖による毛穴がふさがることによる炎症反応です。金に栄養さえ与えなければ自然と消滅させることができます。後は、ビタミンなどが不足していると肌荒れの原因となる上、汗を出す汗腺をコントロールできなくなり、油が混ざった汗を出します。

これも、背中ニキビやニキビの原因となる症状に繋がりますので改善が必要になります。ですのでビタミンを摂取して脂肪分をあまり取らない食事を心がけることで汗に油がざることが少なくなりますので、自然と背中ニキビや、各種ニキビに皮脂から出る栄養が行渡らなくなる為、ニキビは自然に減少します。ニキビは肌の生理現象と考えても良いですね。

・背中ニキビを防ぐ方法と背中ニキビを減少させる栄養の取り方

背中ニキビを防ぐ場合、肝心なことは体を清潔に保つことです。特に皮脂汚れは酸性のボディソープや石鹸で洗い流すことでも十分油を落とすことができます。例を挙げるとするとビオレUなどが弱酸性のものでお肌にも優しいです。ちなみに皮脂汚れを完全に取り去る場合は、アルカリ性のボディソープで体を洗うと皮脂汚れが分解されますので綺麗に油汚れを落とすことができますがお勧めはできません。

その理由はアルカリ性の液体は肌荒れの原因となりますのでお勧めできないからです。油を落としすぎると今度は肌を守る際の皮脂まで落としてしまうため、肌のバリアー機能が減少してしまうため肌荒れが起きやすくなります。ですので弱酸性のボディソープや石鹸をお勧めします。

他にはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどを含む食品には皮脂の分泌をコントロールする作用がある為そういった食品を取り入れることもお勧めします。後は、下着などを吸水性の高い綿などに変えて汗を吸収させることで肌に汗が残らないように工夫をすることで、背中ニキビや各種ニキビの栄養となるアクネ菌を減少させることができます。