背中はニキビが出来やすい場所で、長い髪の毛はさらに悪化させることもあるということ。触れる刺激や雑菌の付着が多いことや、洗った時のすすぎ残しが背中ニキビの原因となりニキビが出来たり悪化することがあります。手が届きづらく、見えにくい背中はより注意が必要です。そして、その対策のポイントや普段の生活で気を付けたいことなどについてまとめました。

・背中ニキビの原因に長い髪の毛も関係していること知ってますか?

暖かくなり薄着の時期になると背中ニキビが気になりますよね。背中ニキビはできると治りにくいので、女性で悩んでいる人も多いと思います。
ニキビの原因にはホルモンバランスや皮脂、細菌感染などあります。それ以外に、背中ニキビは長い髪の毛が関係していることもあるんです。

薄着になると露出も増え、その結果背中に長い髪の毛が触れることが多くなります。背中はもともと皮脂が分泌しやすく、服などによる摩擦でニキビが出来やすいところです。髪の毛のチクチクする刺激がニキビを引き起こしたり、悪化させてしまいます。
そして、髪の毛は清潔に保つようにしていても雑菌が付いてしまいます。その雑菌が髪の毛から背中に移り、細菌感染を起こしてしまう原因になってしまいます。

髪の毛にはまだ問題があります。洗う時に使うシャンプーやトリートメントのすすぎ残しです。背中は手が届きにくく見えづらい場所です。そのため注意して洗い流しているつもりでも、シャンプーやトリートメントなのが残ってしまいます。その成分が毛穴に詰まりニキビの原因になってしまうのです。
髪の長い人は、入浴時にすすぎ残りに注意し、髪を洗った後に体も綺麗に洗うように心がけましょう。

・背中ニキビの対策のポイント

まず1つは、肌に負担をかけないということです。できるだけ摩擦などで刺激がないようにタオルは柔らかいものを選ぶのが良いですね。通気性が悪いと雑菌が繁殖する原因になるので、衣服は綿などの通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

気になっても必要以上に触ったり、掻かないように注意しましょう。長い髪の毛でチクチクしないように、髪を前にしたりアップにするなど髪型に工夫するのもおすすめです。
次に肌を清潔に保つということです。髪を洗った時はすすぎ残しに注意ししっかり流す事と、髪を洗った後で体を洗う事は重要です。

そして背中も保湿するように心がけましょう。保湿することで、角質層まで潤いバリヤ機能を強化することができます。化粧水や専用のローションなどで保湿して髪の毛の刺激に負けないような肌にしましょう。

ニキビの対策としての基本は、たっぷりと睡眠をとることやバランスの良い食事です。睡眠不足は、肌にも体にもよくないのはよく知られています。できるだけ質の良い充分な睡眠をとれるように、リラックスした状態で睡眠をとれるように心がけましょう。
食事も、油分や糖分の多いものは摂りすぎに注意し、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン類を摂るようにしましょう。偏りのない全体的にバランスのとれた食事を心がけましょう。