ジッテプラスは効果あるの?実践者がリアルに語る口コミ体験談

jitteplus

背中ニキビって本当治りにくいジッテプラスを使ってどこまで改善していくのか検証します。

⇒ジッテプラスの公式

果たして赤ニキビにまでなった
僕の背中は改善するのか?

まずはジッテプラスを
1週間使ってみてどうなのか?
経過写真を掲載しています。


毎日お風呂の中で清潔にしているのに背中の赤みやニキビが改善しない


背中ニキビが早く改善する様に
毎日お風呂の中で気を使いながら
身体を洗ってはいるけど、


本来、皮脂は肌のバリア機能として大切な役割を担っているのですが


汗をはじめ、洋服との摩擦などで
自分が思っている様にはニキビが
回復ってしていかないですよね?

少なくとも僕はそうでした。



この背中ニキビの状態から
僕は使っているのですが効果は高いです



背中の赤ニキビ


このサイトでは実際にどうなのか?
悪い口コミは少数派になっているので
商品自体は悪いものではないと思います。

下記の写真は使用して3日目です。


ジッテプラスを使い始めて3日目の背中です(お風呂上り)


5日目です!左肩近くと
右肩下の赤ニキビの炎症が
鎮まって小さくなっています。


ジッテプラスを使い始めて5日目。大きな赤ニキビが小さくなっています!驚きです。


その後1週間使ってみて
8日目のお風呂上りです。



最初と比べてみたら
かなりの変化ですね^^


ジッテプラス使用8日目です!かなり症状が治まりました。効果はあると言えると思います!


また2週後あたりの
経過をしていきますね!

⇒ジッテプラスの詳しい内容

参考になられたかとは思いますが、
色んな意見を参考にした方が
お役に立てると思いますので、





僕自身が10時間ぐらいかけて
調べた事や悪い口コミなども含めて
考察していきます。


ジッテプラス購入


そもそもジッテプラスは商品力や
販売力がある為か口コミはかなり
良い評価に傾いています。


ジッテプラスはキレイな背中に導くニキビケアジェルとして37社に取り上げられました


ジッテプラスはつい最近まで
手島優さんがイメージキャラクターを
務めていたニキビスキンケア。





背中ニキビというちょっと
難しい部分のケアに
特化してるだけあって

個性的な雰囲気もあります。

オールインワンジェルで
肌への刺激も少ないことから

背中だけでなく全身にも
使えるのが大きな特長です。

そもそもニキビ肌は敏感だったり
乾燥してることがほとんどなので

保湿力に力を入れているのは
非常にありがたいですね!


Jitte+は従来のニキビケア商品と比較して高い保湿力を保つことに成功しました。こちらの実験結果をご覧ください。3時間経過してもJitte+は高い保湿力を維持していることが分かります


良い口コミを見てみると
僕と同じ様に効果を実感できてる人が
結構多いので、

メーカーさんも皮膚科と協力して
相当研究して使ったんだ思います。

またスティンギグテストも
合格しています。


スティンギグテストという敏感肌の方を対象にしたかゆみやヒリヒリ感を評価する感受性の試験に合格しています。使用前の状態と使用後の状態を皮膚科専門医の立会いのもと確認します
SOUKENでの説明


医師も忠告。何よりもニキビのケアは保湿することが大切です!肌は乾燥すると皮脂の分泌が過剰になりニキビ原因になります。また肌が乾燥すると角質層が硬くなって毛穴が詰まってしまいます。医師井手綾子。日本美容皮膚科学会


例えばニキビができにくくなったとか
肌が綺麗になったことはもちろん、

可愛い服を着られるようになったなど
なかなかいい評価が多いです。

30代前後の人には特に好印象な感じです。

年代的にも20代後半から
肌は乾燥しやすくなりますから
まさにドンピシャですよね^^





View this post on Instagram

 

今日は美容のお話。 . 今年はオフショルダーも流行ってるし、何かと露出が多いからお肌のケアもいろいろ試してて✨ そんな時に出会ったのがこれ!! . #ジッテプラス . なかなか難しかった背中のお手入れが簡単に出来て、背中にきびを防いで美肌ケア出来る優れもの~😆✨ 背中以外にも全身にも使えるから、とにかく便利❤ . 今までホントにボディケアはパッとしたのに出会えなかったけど、これはホントにすぐ効果が実感出来るから背中ケアで困ってる人には本気で薦めたい🙆w . #jitte #ジッテ #bisenaka #美背中 #背中ケア #ツルスベ肌 . @jitteplus

ちーさん(@ttny1173)がシェアした投稿 –




気付いたらすぐ出来ていた小さいニキビが出来にくくなった!社会人になってからなれない環境のストレスで暴飲暴食を繰り返してしまって顔ももちろんなんですが背中にもニキビが出来てしまいました。


塗ればすぐに分かる保湿力。jitte+は私が求めていた以上の商品です。


色々とニキビケアは試してきたんですけどjitte+は他のケア用品とは違います。


そんな中で悪い口コミは
どんなのあるのかというと、

⇒新しいニキビはできなくなったが
今あるニキビは消えない

⇒なんとなくニキビが薄くはなったが
消えはしないのでリピートするか
迷っている、

⇒ニキビを治すどころか
肌が荒れてしまった!

⇒半年以上使い続けても効果なし!

なかなかインパクトがある声も
中には含まれている様でした。

また定期便は4回以上が
条件というのが気にいらないとか

メーカーから言わせれば
効果を実感する為にも

毎日続けて欲しいという
裏返しでもあるんですけどね

ジッテプラスは他と違い
低刺激を売りにしてるから
極端な肌荒れを起こす
可能性は低いです。

そして消炎効果はピーリング系の
ちょっと強めなニキビスキンケアと
比べてみても弱い。

スキンケアは即効性を早く
感じる商品ではないので

多少の時間がかかるのは
当たり前と思わないといけません。

あと肌質は人それぞれですし、
その時の生活スタイルにより

肌の状態も同じ人でも違いがあります。

なので悪い口コミがあるのは
どの商品でも同じ事ですが、

あなたの基準で判断すれば
良いと思います。

少なくとも僕は1週間使って
保湿効果を感じた側なので
良い口コミです。


もう悩まない!気になる背中から見とれちゃう背中に


ジッテプラスの独自成分を考察

ジッテプラス独自の成分


ジッテプラスはどこよりも
保湿成分に力をいれている

背中ニキビ向け専用の
ニキビスキンケアです。

保湿だけでなく油分との
バランスも考えられており
他とは違う特徴を持っています。

他にも色々と配合されているので
それらも踏まえて考察します。

・ジッテプラスでおすすめされる成分

ジッテプラスは皮膚が厚い背中に対して
おすすめされるニキビスキンケアということで
保湿力は他とは一味違います。


背中は顔よりも皮膚がブ厚い為表面だけの保湿ではダメなんです!


アクセア-トリプルヒアルロン酸という
独自の成分が一番の特徴ですね。

それは正確には単体ではなく
3種類のヒアルロン酸とセラミドを
ナノ化したものがセットになったものです。


アクシアトリプルヒアルロン酸はヒアルロンMIX製法により作られた背中ニキビの為だけに考えられたJitte+だけの特別成分なのです


ナノセラミドも配合することで
浸透率がよくなるということで
顔よりも厚い背中もしっかり保湿できるというわけです。

その他にも天然の保湿成分も
配合してるので余念がありません。

ビサボロールという成分で水分だけでなく
油分とのバランスも考えられてる点も良いです。



肌が乾燥するとこの水分と油分の層が壊れてしまいどんなにがんばってスキンケアをしても油分が足らないため水分が蒸発して結局また感想してしまいます


人間の体は油分がないと機能しないのですが
その点に着目してるスキンケア用品は
意外と少ないのではないでしょうか。

保湿ばかりに目がいってる傾向があります。

他にも毛穴汚れを洗浄する効果がある
おなじみのグリチルリチン酸ジカリウムをはじめ
美白効果があるプラセンタなども含まれています。

モデルのように人から見られる立場の人に
支持されてるだけのことはある配合だと思います。

ニキビだけでなく肌荒れにもよいそうなので
一石二鳥以上の効果が期待できます。

・ニキビに良い成分以外にも注目しましょう

ただ忘れがちなのはその他の成分です。

いくら低刺激を謳う化粧品だとしても
薬事法の関係である程度品質保持ができないと
いけませんので必ず添加物が入ってます。

仕方ない部分ではありますが
それが原因で肌に合わない人もいるかもしれません。

成分を浸透させるには界面活性剤が必要不可欠です。

いくらナノ化させてもバリア層があっては
浸透しないので必ず乳化させる必要があります。

それは本来見逃してはいけない部分です。

あと天然成分といっても安全とは限りません。

植物毒がどの程度含まれてるかとか
天然由来だとしても科学的に手を加えれば
合成成分ということになります。

大豆は遺伝子組み換えじゃないのかとか
香料とは具体的に何のかもわからない場合が多いです。

ちょっと神経質かもしれませんが
肌につける以上は気にすべきことだと思います。

ましてや浸透力が強いものは尚更です。

ジッテプラスの場合は
合成界面活性剤が少ないなど

低刺激なのでまだマシですが、
何がどう影響してくるか?
未知数なことは代わりありません。

ジッテプラスとジュエルレインは何が違うのか?

ジッテプラスとジュエルレイン比較


ジッテプラスとジュエルレインは
いずれも背中ニキビ向けのニキビスキンケアです。

見た目もかなり似ているので
どっちのほうがいいかなぁという感じですが
いろいろ比較した上で納得するのが一番です。

よくみると違いがいろいろとあるので
好みの方を選択すればいいと思います。

・どちらも良し悪しがある背中ニキビ向けスキンケア

まずはポジティブな面から比較していきます。

テクスチャーはどちらもジェルクリームで
使い心地的には違いはないと思います。

香りはジッテプラスが柑橘系で
ジュエルレインはローズのアロマ系ですね。

パッケージもジェル自体も白なので
見た目的にはほぼ同一です。

では肝心のニキビケア成分について。

ここで早くも大きく違うポイントがあります。

ニキビケア成分は大きくわけて2つあります。

消炎と保湿ですね。
前者はもちろん赤ニキビなどを
目立たなくするためにするもので
保湿はそのままの意味です。

ジッテプラスはグリチルリチン酸ジカリウムをはじめ
アーチチョークやスターフルーツといった
漢方系の成分を主体としています。

ジュエルレインはグリチルリチン酸
ジカリウムは同じですが

サリチル酸を配合しています。

いろいろ曰く付きの成分ではありますが
もちろんいい面もあります。

消炎効果や殺菌作用、角質汚れを落とす作用が強く
肌を柔らかくする効果もあるため
割りと即効性が期待できる部分があります。

成分の浸透も助ける働きもあるため
要は使いようだと思います。

保湿成分はジッテプラスの方がいいと思います。

どちらも植物エキスを利用してますが
ジッテプラスは特殊なヒアルロン酸成分が
メインとして使われてるからです。

ナノ技術もあることから
浸透性も保湿力に定評があります。

美白成分に関してはジュエルレインは
特に含まれていないのでジッテプラスの
不戦勝ですね。

美白には欠かせないビタミンC誘導体も
ジッテプラスには入ってるので
ニキビ跡にも対応出来るのは大きいところ。

・総合的にはジッテプラスの方がよさそう?

続いて肌に悪そうなこととその他の要素の比較です。

無添加はどちらもそれなりに謳っていますが
どちらかというとジッテプラスのほうが
こだわってる印象があります。

パラベンもエタノールも合成香料も入ってないですが
ジュエルレインにはいずれも使われています。

続いて価格について。

こちらもジッテプラスに軍配が上がります。


ジッテプラス初回980円


初回のインパクトも断然強いですね。

定価はジュエルレインの方が安いですが
定期だとその差がぐんぐん開きます。

ジッテプラスは4回続けるのが条件なので
それと合わせると8000円くらい差がでます。

あとジッテプラスは2回目からは
5000円弱になるのですが、
初回だと980円とあって目を引きやすいですね。

芸能人の手島優さんなど影響力がある人物が
宣伝してる点もすごく大きいと思います。

肝心の効果については総合的には
どっちもどっちだと思われますが
状況により変わってくると思います。

今あるニキビの対処に力を入れたいなら
サリチル酸入りのジュエルレインのほうが良さそうですし
敏感肌ならジッテプラスの方が適してると思います。

ジッテプラスは男の人でも関係なく使えます

お客様に選ばれて背中ニキビ部門総合1位


ジッテプラスの広告ページをみると
明らかに大人の女性向けの商品ですが
性別関係なく使えます。

僕と同じ様に男性でも
使ってる人は結構いるので

特にその点は気にしなくていいです。

なかなか反響もあるようですので
使って見る価値はあるのではないでしょうか。

・ニキビスキンケアに性別の縛りはない

ニキビには女性ができやすい
という基本的な特徴があります。

思春期は男性の方が高リスクだと思いますが
大人になると圧倒的に女性の方が不利だといえます。
ホルモンバランスが崩れやすいからですね。

男性は男性ホルモンが多いのですが
生理がないだけだいぶマシだと思われます。

そのような背景があってか
ニキビスキンケアは圧倒的に女性用が多いです。

ジッテプラスもそうですが
美容目的も兼ねて作られてる物も多いので
男は蚊帳の外なイメージがあります。

でも実際はそんなことはなく
むしろ大きな勘違いだと思います。

確かに女性に向けて宣伝されてはいますが
男性が使えないわけではありません。

ニキビが出来る原因はいろいろありますが
基本的なメカニズムは同じですし、
肌の構造もそうです。

男性だってストレスに曝される機会は多いですし
乾燥肌になることだってあります。

そして性別で使える使えないというものは
逆に不可解なものですよね・・・

どちらかというと女性の肌のほうがデリケートですが
それを意識して作られてるということは
男性にもちゃんと対応できてることになります。

・ジッテプラスを使ったことがある男性の感想

ジッテプラスを使ったことのある
男性の口コミを見てみるとなかなか高評価です。

背中から肩にかけてのニキビが治まり、
乾燥気味だった肌も解消してきた、

塗り心地がよくカサカサ感もなくなった、

ニキビ自体は1ヶ月ほどで消え、
ニキビ跡も3ヶ月ほど続けたら消えた!

などなかなか良い感じですよね。

数が少ないのでなんとも言えない部分もありますが
参考にはなると思います。

不評だったのは値段と匂いです。

初回は驚くほど安くなりますが
それ以降は5000円くらいするので
それなりに痛い出費になります。

定期便は4回続けないといけないので
最低でも15980円かかることになります。

単品だともちろん安く済ませられますが
それだと効果が実感しにくいかもしれません。

匂いはラベンダーやグレープフルーツなどの
爽やか系ですが気になる人には気になるようです。

この点は男女で感じ方が違う部分ですね。

男性向けが出るとしたら
無香料になるかもしれません。

ジッテプラスは顔にも使用していいのか?

ジッテプラスは背中ニキビ用のジェルとして有名ですが
実は全身に使える便利なニキビスキンケアです。


ジッテプラスは皮脂分泌の多い背中ニキビをケアするために開発しましたが背中だけではなく全身にもお使いいただけます。


もちろん顔にも使うことができるので
乾燥肌の方は特に使えると思います。

ジッテプラスの基本的な仕組みから
顔ニキビへの効果について書いていきます。

・ジッテプラスの特長

ジッテプラスの特徴はなんといっても
保湿力がすごいことです。

他にも保湿力に特化したニキビスキンケアは
いろいろあると思いますが
その中でも特にすごいといえます。

なぜなら背中ニキビ向けに作られてるから。

背中の皮膚は顔の5倍厚いそうです!

ということは中途半端な保湿液を塗っても
あまり水分保持できないことになります。

背中は顔と違って隠れる場面が多く、
人からも指摘されにくいから
いろんな意味で盲点ですよね。

水分保持だけでなく
油分とのバランスも重視されてるから
芸能人も使うほどのものなんだと思います。

・顔ニキビ対策とスキンケアも同時に!

ジッテプラスは背中ニキビ向けということは
顔ニキビには向かないといったら全くそんなことはなく
むしろ全身に使えるほどのスグレモノです。

まあふつうに考えて背中だけに効くものを
作るほうが難しいし不自然だと思います(笑)

顔だろうとどこだろうと
ニキビは乾燥肌が大きく関係してきます。

特に大人になると生活習慣や日光によるダメージが
子どものときより蓄積されてますし、
メイクアップのダメージもそうです。

現代に生きる女性は慢性的に肌荒れすることを
強いられる状況にありますので、
いろいろ工夫しないと乾燥するのが必然ですよね。

例外といえるのはもともと遺伝的にオイリー肌の持ち主や
思春期の頃くらいかもしれません。

肌が乾燥するということはバリア層が薄い状態ですから
外敵に侵入を防ぐために皮脂の分泌が活発になります。

だからニキビ肌は混合肌の場合もかなり多いと思います。

顔で言うと下の方、アゴやフェイスラインが
乾燥しやすいので保湿が特に必要になります。

ジッテプラスはジェル状クリームですが
浸透力があってあまりべたつかないので
使い心地もかなりいいです。

ニキビ予防に特化した作りになってるので
即効性はないですがもともとニキビケアは
そういうものなのである程度我慢も必要です^^

もちろん安全性が高いので
年齢問わず使うこともできます。

思春期だからと強めの成分が
許容される考え方もありますが
肌荒れを起こしちゃ元も子もありません。

ニキビだけでなく肌荒れをはじめ
美白、ひきしめ効果もあるので
ついでに顔全体のケアもできます。

ジッテプラスはニキビ跡にはどのくらい期待できる?

ジッテプラスはニキビケアに適していますが
すべての症状に効果的とは限りません。

その典型例がクレーターですね。

重症度によりますが深刻なものだと
ジッテプラスに限らず治療は難しくなります。

そんなにひどくないなら
いずれ再生してくれるので
ケアし続ける価値はあると思います。

・クレーターの基礎知識

ニキビが重症化すると赤く腫れ上がり
膿も溜まったりしてきます。

赤ニキビくらいではそんなに深刻じゃないですが
黄ニキビや紫ニキビとなるとちょっとまずいですね。

ちゃんとケアできればいいですが
下手するとニキビ跡になります。

赤みや色素沈着ならまだ軽症の範囲ですが
クレーターやケロイド、しこりとかになると
重症なのでホームケアで治すのは困難になります。

クレーターは真皮層という深い部分にまで
炎症が及んで皮膚が壊れた状態です。

角質層なら新陳代謝してくれますが
真皮層はなぜかしてくれないので
穴が空いたままになってしまう恐れがあります。

ケアに無頓着な男性によく見られますね。
有名なのはブラマヨ吉田さんです。

女性であそこまでひどい人は見たことないですが
メイクで隠してるだけかもしれません。

もし治すとしたら医療機関にかかる必要があり
絶対に避けたいもののひとつです。

・クレーターはさすがに厳しい

クレーターに関してはいくら好評な
ニキビスキンケアを使ったとしても治せないので
その辺は勘違いしないようにしたほうがいいですね。

ジッテプラスも例外ではありません。

保湿力がすごいので予防には最適だと思いますが
残念ながらできてしまったクレーターには無力です。

ニキビ跡にはビタミンCが有効とよく言われますが
それでも軽症に限った対策だと思います。

赤みは皮膚の表面が傷ついた状態で、
色素沈着はメラニン色素が蓄積した状態です。

いずれもビタミンCとは相性が良い症状ですが
クレーターとなると話は別です。

もし治すとしたら再生医療レベルの話になり
一般家庭でできるレベルを超えてます・・・

ジッテプラスはあくまでニキビ予防が主な目的なので
ニキビ跡向けでもありません。

ヒアルロン酸はいろいろはいってますが
ビタミンC関係は含まれていないことからも
それがわかりますね。

オールインワンと言われたらなんにでも効くような
イメージを持つ人は多いかもしれないですが
それは誤解を招く考え方なので気をつけましょう。

可能性があるのは軽症な場合で、
それも直接的ではなく間接的に働くものと認識すれば
余計な心配をしなくていいはずですね。

ニキビ跡は軽症だとしても時間がかかるので
気長に使ってみるのがポイントです。

ジッテプラスは人気商品のひとつで
大人のニキビ対策の基本である
保湿力を重視している良品ですね。

ではニキビ跡に対してはどうかというと
効果があるともいえるしないともいえます。

それは人それぞれの使い方にもよりますし
症状によっても変わってくるってことですね。

ニキビ跡は治りにくいものなので
何ヶ月か試す必要があるかもしれません。

・ジッテプラスの基本的な特徴

ジッテプラスの特徴を簡単にまとめてみます。

一番を目を引くのはある意味では
美人モデルさんですが、(笑)
やはり保湿力だと思います。

ふつうはヒアルロン酸だけかもしれないですが
同系統の成分がいろいろあるようで3種類もあります。

それに加えナノセラミドという成分で
浸透力を上げているそうです。

それらを総称してアクシア-トリプルヒアルロン酸といい
他にはないジッテプラス独自の成分ですね。

背中は皮膚は顔のそれよりぶ厚いということで
特別な作りになってるようです。

あとは赤ちゃんの理想的な肌に近づけるよう
ビサボロールで油分とのバランスを調整し、
プラセンタやプルーンなどで美白効果も兼ね備えます。

大人ニキビは乾燥肌との勝負ということで
メインの機能は保湿です。

もちろん消炎効果でたいへん有名な
グリチルリチン酸ジカリウムも入ってますが
あくまで保湿が目的の化粧品だと思います。

それを踏まえたうえでニキビ跡に対してどうかを
考えないといけないですね。

・通常のニキビ跡対策とは違ったアプローチ

ニキビ跡は大きくわけて2種類あります。
軽症か重症か、ですね。

軽症は赤みと色素沈着、
重症はクレーターやケロイドのことを指します。

場合によっては色素沈着が重症だったり
クレーターが軽症な場合もありますが
基本はそういう風に区分けされます。

いずれの場合もニキビ跡は皮膚組織が
炎症により損傷した状態ですので
それを修復する必要性が出てきます。

それを促す成分がニキビスキンケアに
含まれてるかがポイントになるのですが
ジッテプラスはそっち系ではありません。

ニキビ跡対策としておすすめされる商品には
ほぼ確実にビタミンCが含まれてます。

コラーゲンなどの材料になるためですね。

ジッテプラスは成分一覧をみてもわかるように
一応ビタミンC誘導体は含まれていますが
保湿がメインで作られてるもの。

つまりニキビ予防に特化した作りですので
他の人気商品と比べると
効果は実感しづらいかもしれません。

でもそれは効かないという意味ではありません。

重症ならビタミンCでも無理ですが
軽症なら自然と治っていきます。

保湿は肌を余計な刺激から守ることなので
間接的にニキビ跡のケアになります。

時間はかかると思いますが
ニキビ跡もついでに治せるかもしれないので
使ってみる価値はあると思います。

ジッテプラスの値段はお店ごとに違うので注意

ジッテプラスは買う場所によって
全然値段が違ってきます。

特別な理由がない限り
公式サイト以外だと高すぎるので
おすすめする人はまずいないでしょう。

毎回利用する大型ショッピングサイトと
違って新たに個人情報を入力するといった
手間があるのが欠点ですが、
それと値段を天秤にかけてみてください。

どちらがいいかは多くの方の認識が
一致するはずです。

・ジッテプラスの公式の値段

まずジッテプラスの基本的な
お値段から見ていきましょう。

通常は税込みで6980円です。

それが買い方やショップによって
安くなるといったシステムで
近年ではよく見かけるものです。

送料は通常購入でも無料です。

でもショップによっては
送料がかかることもありえるので
よく確認しておきましょう。

では公式サイトの値段から
見ていきます。

商品価格自体は公式だろうと
大手ショッピングサイトだろうと
同じですがお店ごとに競争原理が
働いて割引率が異なります。

公式サイトの場合、
通常購入だとまともな値段ですが
定期コースにすると
大幅に安くなります。

初回だと驚きの980円で、
2回目以降は4980円と
3割近く値引いてくれます。

公式サイトならではのサービスです。

・公式サイト以外のジッテプラスの値段

次に公式サイト以外のショップの
ジッテプラスの値段を見ていきましょう。

amazonの場合、単品でも最初から
21%も割り引いて5500円買えます。

2個まとめて買うと
そこから更に50円引いてくれます。

ただ定期コースはありません。

楽天の場合、アマゾンのような
独特の割引サービスはなく、
定期コースもないので
通常価格で買うしかありません。

ただ、楽天の場合は
ポイント還元率が高い場合が多いので
実際はもっと安く買えます。

タイミングによっては
10%割引で買うこともできます。

送料はアマゾン、楽天ともに無料ですが
楽天の場合はイッティ公式店でなければ
送料が発生するので注意しましょう。

他のショッピングサイトでの
取り扱いは基本的にないですが、
ヤフーショッピングでは
少しだけみかけます。

ただ、なぜか定価よりも高額なので
あえてそこで買う意味はありません。

おそらく送料も含んだ値段だと思われます。

ということで他のショップも見ると
わかったと思いますが、
公式サイトが断然お得です。

強いて公式以外でおすすめするとすれば
ポイント還元率が高い楽天になりますが、
よほどの理由がない限りは
素直に公式で買ったほうがいいですね。

継続して使う場合は特にです。

ジッテプラスはamazonだと差が大きくおすすめできない

ジッテプラスはアマゾンで買うとどうなの?

ジッテプラスはamazonでも買えますが
残念ながら全くおすすめできません。

どう考えても公式のほうが安いので
損でしかありません。

しかもかなりの差があるので、
たとえamazonのヘビーユーザーだとしても
一旦冷静になって考えたほうがいいです。

・ジッテプラスはamazonでも買える

ジッテプラスはとても人気がある
ニキビスキンケアのひとつで
ネットで買うことができます。

逆に言うとネットでしか買えないので
実店舗では取扱がありません。

いまのところは公式サイトと
amazonと楽天で購入することができます。

以前はamazonでは買えませんでしたが、
2017年7月27日から
取り扱いを始めたようです。

amazonの特長はほとんど商品が
新品なのに割引価格で買えることです。

ジッテプラスの場合もそうで、
仮に実店舗で取り扱われたとしても
かなりお得な値段設定だと思います。

ジッテプラスの定価は6980円ですが
amazonだと5500円で買えます。

定価より1480円も安いので
本1冊分も得したことになります。

割引率は21%とかなり高いですね。

数字が中途半端なのは値段を
きりよくしたかったからだと思われます。

2点まとめて買うと
さらに50円引いてくれます。

実店舗ではまずこういうことはないので
さすがamazonという感じでしょうか。

・ジッテプラスをamazonでおすすめしない理由

ただ、冒頭でもお伝えしたように
amazonでジッテプラスを買うのは
おすすめできません。

なぜかというと単純に高いからです。

公式サイトでは初回だと980円、
2回目以降は定期コース限定ですが
4980円で買えます。

割引率でいうと初回は86%、
2回目以降は28%オフです。

全然値段が違いますよね。

当然のことですが、
内容量や成分の違いはありません。

定期コースの継続は4回以上が条件なので
それを規準にして計算してみると、

amazonだと5500×4で22000円、

公式だと980+4980×3で
15920円になります。

その差は6080円なので
大体定価1個分です。

ちなみに公式だと全額返金保証が
90日間もついています。

amazonにはそういった表記はないので
サービスを受けられない可能性があります。

ということでものは同じでも
これだけ大きな差があるということで
amazonで買う理由がほぼないですよね。

長年ユーザーになってる人にとっては
買い物が楽という点は大きいと思いますが
そこまで値段に大きな差があるということで
考える余地はあると思います。

ジッテプラスは楽天で買うとポイント的にお得?

ジッテプラスは楽天でも買えますが
全然お得じゃないので
検討中の方は注意しましょう。

楽天も一応公式として
売り出しているので
ややこしいところがあります。

ものは一緒ですが
金額が雲泥の差になりますので
損しないよう気をつけてください。

・ジッテプラスを楽天で買うメリット

ジッテプラスの購入先は
公式サイト、amazon、
そして楽天の3通りです。

アマゾンも楽天も
日本人には馴染み深い
便利なショッピングサイトなので
そこから買いたい人も多いはずです。

楽天はアマゾンよりも後発組ですが
ポイントが充実してるのがウリ。

だから買い物もカードも
なんでも楽天で統一してる人も
少なくないと思います。

ネット上のショッピングモール
みたいなものなので、
大抵の品物が見つかる上に
アマゾンよりもポイントが
貯まりやすいメリットがあります。

ジッテプラスの発売元である
イッティも楽天に公式ショップを
構えているので楽天ユーザーでも
買うことができます。

楽天で買い物をする最大のメリットは
やはり楽天ポイントが貯まることです。

年中キャンペーンをやっているので
2倍とか3倍とかは当たり前で、
セールとなると10倍も
珍しくありません。

仮に10倍だとすると
商品代金の10%がポイント還元となるので
6980円の10分の1である
698円もつきます。

ポイントシステムを導入している
店舗は星の数ほどありますが、
何倍もつけてくれるところは
そうそうないと思います。

高い買い物になるほど
楽天ユーザーは有利といえます。

・ジッテプラスを楽天で買うのはおすすめできない理由

しかし、ジッテプラスに関しては
楽天で買わないほうがいいです。

アマゾンよりかはましですが
それでもあまり差はないので
どっちもどっちです。

買うなら断然公式サイトです。

さきほど楽天も公式と言いましたが
それは楽天の公式支店という意味で
公式サイトと一般的に呼ばれる
本店とは違います。

本店である公式サイトだと
初回は980円で買えるうえに
定期だと4980円で買えます。

返金保証も90日間ついており、
気に入らなかったら1個目から
解約することも可能です。

楽天的に言うと
初回は90%近いポイントが
もらえてるようなものです。

その後も28%オフになるということで
楽天でちょびちょびキャンペーンに
エントリーするのとはわけが違います。

たまに何十倍にもなるキャンペーンが
開かれますが何店舗も買い物をしないと
適用されないので最大の恩恵を
受けれる人は実質いないと思います。

ジッテプラスを解約する条件を確認

ジッテプラスの解約について
いろいろ説明しておきます。

定期コースにすると
安く購入できるのですが
条件がいくつかあるので
購入する際はそれも理解しておかないと
後々面倒なことになりがちです。

少々厳しめなルールに
感じる部分もあると思いますが
初回から解約できる制度も
用意してくれているので
敷居は意外と低いです。

・ジッテプラスの定期コースルール

ジッテプラスの魅力は
背中ニキビ向けという
めずらしいコンセプトや、

有名人が愛用しているなど
いろいろありますが、
金銭面でもメリットがあります。

定期コースで購入すると
単品で買うよりも
はるかに安く手にはいります。

初回は定価から6000円も
安く買える上に、
その後もずっと3割弱も
引いてくれるのでお得感を
強く打ち出しています。

ただ、定期コースの場合、
最低でも4回購入することが
ルールになっています。

定期でもいつでも解約できる商品が
ある中で厳しいルールのように
感じるかもしれません。

おそらくそこは経済的な理由に加え
効果をしっかり実感してもらうため
フィードバックをもらうなど
いろいろ大人の事情があるのでしょう。

背中ニキビがいつもできる人にとっては
効果はなかなか実感しにくいと思われるので
それを意識してのことかもしれません。

・ジッテプラスの解約方法

ジッテプラスを解約する方法は
主に2通りあります。

ひとつは4回継続したのちに
電話で解約依頼をする、

もうひとつは返金保証期間内に
同じく電話で申し込むこと。

初めて買った人限定ですが、
ジッテプラスには
全額返金保証がついています。

しかも90日間もです。

他にも返金保証を設けている
化粧品は数多くありますが、
3ヶ月間もつけてくれてるものは
そう多くありません。

そのくらい長期間であるなら
効果的だったかを
判断できると思います。

注意点は明細書と商品本体と
箱をセットにしないといけないこと。

そして送料はお客側の
負担になることです。

下手したら送料だけで
返金分がなくなる可能性がありますが
解約しなかったらその後も
買い続けないといけないので、
それと比べたら大した負担ではありません。

ちなみに通常の解約の条件である
4回以上継続したあとは、
宅配を停止させることもできます。

続けたいけど支払いがちょっときつい、
というときにも便利ですね。

あともうひとつ注意点は、
解約に関する手続きはすべて
電話でのみ対応してる点です。

メールや専用フォームは
用意されていないようなので
必ず電話で行いましょう。

電話はフリーダイヤルなので
通話自体は無料でできます。

電話番号は以下の通りです。

0120ー97-4472

ジッテプラスは電話サポートにも
力を入れています

ジッテプラスのいいところは
保湿能力や返金保証だけでなく
電話でのサポートが
充実してることも挙げられます。

ここが適当だとある意味では
台無しになるほど実は重要な
ポイントだったりします。

ちゃんとしてる企業は
このくらいあって当然ですが
ただフリーダイヤルを
用意してるだけじゃダメです。

親身な対応をとってこそ
お客さんが本当に喜びますし
本当の意味での社会貢献に
なるのではないでしょうか。

電話番号は0120-97-4427

受付は朝の9時から夜の9時まで。

・ジッテプラスの隠れた魅力・電話サポート

ジッテプラスといったら
背中ニキビや手島優などを
思い浮かべる人が多いと思います。

そこはウリの部分となるので
印象づいていてもいいのですが
地味に気づいてほしいポイントが
電話でのカスタマーサポートです。

ふつう化粧品をどこかのお店で
買ったらその後は使うだけですよね?

もしくは説明書をちょろっと読んで
終わりだと思います。

それではちょっと勿体無いです。

ちゃんと運営している企業なら
電話でも使い方などの疑問に
答えてくれる体制を
整えてくれているものだからです。

ジッテプラスのメーカーである
イッティもそのひとつです。

どんな説明書でも公式サイトでも
そうですがすべての肌質や
シチュエーションを
カヴァーすることはできません。

必ず人それぞれ違った疑問が
出てくるはずです。

最近は質問サイトも充実してますが
自分と似た人はいても
全く同じ人、同じ状況を探すのは
一苦労です。

もしかしたら全く
存在しないかもしれません。

そうなったら時間の無駄ですので
直接メーカーに問い合わせたほうが
断然早いし確実です。

・電話する前にチェックしておきたいこと

ちなみにジッテプラスの公式サイトでは
よくある質問がいくつか載ってるので
それをまず参考にしてから
電話をかけるか検討しましょう。

そのQ&Aを少し補足して解説します。

・どのくらいで効果がでますか?

公式では炎症部分以外にも
塗ることで予防もできるのが
ジッテプラスの特長と解説してます。

これはうまく明言を避けてますね。

この質問は人それぞれとしか
言えないので電話でも
同じような返答をされるかもしれません。

・敏感肌でも使えますか?

パラベンやアルコールは
使ってないので大丈夫ですが
心配ならまず少量から
お試しくださいとしています。

これはセオリー通りですね。

・1日に何回使えば?

朝と夜の2回を推奨しています。

推奨なので必須とはいえません。

無理なら夜だけでもいいでしょう。

・背中以外でも使える?

OKです。

逆に背中にしか使えないのは
どういう化粧品かと思います。

電話しなくても解決できそうなことは
いろいろあるので従業員の負担も
考慮してあげましょう。

ジッテプラスは芸能人も使用している

ジッテプラスといえば
芸能人の手島優さんが
以前のイメージキャラクターに
なってるのが大変有名ですね。

彼女自身が背中ニキビに
悩んでいたそうで、
とても説得力があります。

商品紹介ページ全域に渡って
芸能人が広告塔になっている
ものは地味に珍しいですね。

ジッテプラスを使っている
手島優さんのインタビュー

いまではジッテプラスといえば
手島優さんということで
背中美人なイメージが強いですが
かつては全然違ったそうですね。

インタビューをもとに
どういった経緯でジッテプラスを知り、
背中美人になっていったのか
迫っていこうと思います。

○使い始めたきっかけを教えてください○

手島優:グラビアを始めて自分の姿を
意識して見るようになってから
背中ニキビができてるんだなって
知ったんですよ

補足解説:きっかけは
グラビアの仕事を始めてからで、
当初は背中に意識がなかったそうです。

人に見られる仕事をしてる人でさえ
盲点になるのが背中なんですね。

手島優:で、今までニキビに効く
化粧品とか皮膚科にも
通っていたんですけど

治ってもすぐにできたりして
すごい悩んでて

そのときに今回ジッテを
紹介してもらって使うようになりました

補足解説:指摘されて気づいてから
あわてて皮膚科にいったり
食事などにも気をつけるようにし、

市販のニキビアイテムも
使ったりもしたそうです。

でも再発を繰り返して
悩んでいたところ、
ジッテプラスから
イメージキャラクターの
オファーが届き、
状況が一気に変わったとのこと。

○使い心地はいかがですか?○

手島優:ジェルなのでベタベタせずに
伸びもよくてすごく良いです

なのに、しっとりしていて保湿も出来るんですよ

あとほのかな、つけるときの香りも
すごく好きですね

あと、ジッテは背中のニキビだけじゃなくて
全身に使えるんですよ

あと顔にも使えるんですよ

だから、1個で全身のケアができるので
経済的にもいいのでおすすめです

○使ってみて効果はいかがですか?○

手島優:効果ですか?
効果すごいあります~

ジッテはニキビケアだけじゃなくて
美容成分もたくさん入ってるので
大人ニキビの私にはすごい
もってこいなんですよ

大人ニキビって保湿がすごい大事なので
ニキビケアとスキンケアが一緒に
できるっていうのは
すごい優れてるなって思います

補足解説:使ってみた感想としては、
やっぱり保湿力が全然違ったそうです。

アメブロでも書かれてましたが
つけ心地が抜群によくて
ぷるぷるジェルが気持ちいいと
お風呂上がりの日課になっていたとか。

使ううちにニキビができなくなり、
同時にスキンケアもできて
とても満足されたそうです。

撮影現場でも背中ニキビに
悩んでいる人はけっこういたそうで
30代以降になるとけっこう
お悩み中の方は多いかもしれないですね。

特定商取引表示の義務

 

サイト運営責任者 GLADNINE 松野正寿
所在地 福岡県久留米市国分町1582-1フロレゾンA棟

サイトに関する問い合わせ窓口
info@gladnine.jp
お申込み方法 各販売者さまサイトに準ずる
商品の引き渡し方法 各販売者さまの公式ページに準ずる
商品のお渡し時期 各販売者さまのお申込み
ページからに準ずる
返品・不良品の対応 各販売者さまに準ずる
決済方法 各販売者さまに準ずる
・クレジットカード決済
・銀行振込・代金引換
責任の有無 当サイトはジッテプラスの代理店として
背中ニキビに悩む型に向けた
商品のご紹介をしております。実際に管理人の実体験に
基づく内容を提示しております。紹介業は商品及び、
サービス提供元と
業務提携を結ばせて頂き、商品やサービスを紹介する
ネット上のシステムです。当サイトの商品は弊社自体が
生産・販売をしている訳ではありません。お客さまのご要望の商品、
お支払い等はリンク先販売者さまと
直接のお取引となります。特商法に基づく表記につきましては、
リンク先ご確認くださいませ商品の価格、詳細、消費税、
送料、在庫数の詳細は
変わる場合があります当サイトの掲載情報から
ご利用頂く場合には、お客さまのご判断と
責任におきまして、ご利用頂きます様
お願い致します。

当サイトでは一切の
責任を負いかねません。

また、掲載商品に関する
お問い合わせについては

リンク先にある企業さまへ
お願い致します。

当サイトの管理者側では
お答え致しかねますので
予めご了承くださいませ。

ジッテプラスは全身に使えるけどおすすめできない理由

jitteplus

ジッテプラスは全身にも使えると
勧められることがあります。

たしかにそれはそうなのですが
そもそも使うべきかを
考えてほしいと思います。

それはただケチるだけではなく
肌の健康的な問題も内包しています。

結論から言っちゃうと
ニキビに悩んでいるところ以外は
あまり使わないほうがいいかな~。

・背中ニキビ専用ではない

とりあえず基礎的なところからですが
ジッテプラスは背中ニキビ向けとして
売り出しているスキンケアです。

背中ニキビに特化してるのは
保湿が重要だといってるからですね。

背中は顔の皮膚よりも
5倍厚いからそれなりの浸透力と
保湿力がないといけないというのは
すでに耳タコかと思います。

といっても、背中だけに
使えるという意味ではありません。

ここがちょっとしたポイントですね。

背中ニキビ向けと専用は違います。

そもそも背中にしか使えない
化粧品とは何か?
ってことになります。

医薬品などで皮膚が薄い部分には
使うべきではないということはありますが
化粧品は大した刺激はないので
粘膜は除いて使えない部位というのは
基本的にないものです。

ですから全身どこでも使えます。

保湿力に優れているからと
保湿液の代わりとして
使ってる人もいるかもしれません。

顔以外にも乾燥しやすいところは
いろいろありますので。

・ジッテプラスの全身使いは問題あり

全身に使えるといったものの、
推奨はできません。

物理的に使うことが可能であることと
推奨するかどうかは別問題です。

推奨できない理由は主に2つ。

1つはコスパが悪いこと、
もう1つは健康的に問題があるから。

ジッテプラスはただでさえ
コスパが悪いことで評判です。

値段が高い割に1ヶ月しかもたないので
固形石鹸とはだいぶ違います。

定価で買うと7000円、
定期価格でも5000円もします。

安いのは初めて定期購入する人の
初回お届け分だけで、
あとは高額商品と同じです。

それを背中以外に使うことは
かなり贅沢だといえます。

もう使わないけど余ったから
他のところで使い切るというのなら
まだいいですが。

そして健康的な問題ですが、
ジッテプラスは保湿力が高いことで
評判ですがそれは同時に
乾燥のリスクも上げています。

なぜなら成分を浸透させるためには
バリアを壊す必要があるからです。

そうじゃないといくらナノ化しても
あまり浸透しません。

保湿成分の効果もたかが知れてるので
人間の皮脂には到底及ばず、
使い続けると乾燥肌を助長します。

使う際は場所も期間も
限定的にするべきですね。

ジッテプラスの全成分を考察してみるといろいろわかる

jitteplus

ジッテプラスは何かと好評ですが
それは全成分を見ると
本当にそうなのかある程度は
判断できるかもしれません。

けっこう重要な部分だと思うので
見る癖をつけてくださいね。

有効成分と決められてるのは
水溶性プラセンタエキスと
グリチルリチン酸2K。

これらはお馴染みすぎて
もう見るのも飽きたって感じですが
とりあえずあまり害はなさそうです。

濃度は別にしてプラセンタは
栄養豊富な成分で
グリチルリチン酸は抗炎症成分です。

抗炎症効果があるのは他にも
アーチチョークエキスと
スターフルーツ葉エキスがあります。

プラセンタは美白効果もありますが
他にもビタミンCとプルーンエキスが
補間している感じです。

メインといえる成分はヒアルロン酸ですね。

3種類のヒアルロン酸に
ナノ化したセラミドをくっつけて
浸透性をよくした独自成分が
一番の売りになってる感じです。

まとめるとアクシアトリプルヒアルロン酸
という長い名前になります。

その他にもいろいろ含まれてますが
大体美肌成分とくくっていいと思います。

気になるなら個々人がそれぞれを
調べてみて納得できればいいでしょう。

特にこれが入ってるからすごい!
というような成分はないと思われます。

もしすごいのなら公式でも
絶対触れているでしょうし・・・

・重要なのはおすすめしていない成分

しっかり見てほしいのは
美容成分とか以外の成分です。

肌に悪い合成成分も含まれてることは
ほとんどの人は注目しません。

ステアリン酸POE(20)ソルビタンと
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液。

これらは合成界面活性剤の一種で
肌のバリア層を壊す性質があるから
美容成分が浸透できると
言えるわけですね。

それなら仕方ないと思いがちですが
常在菌を減らしてバリアが
正常に保たれなく恐れがあります。

あと合成ポリマーもセットで
配合されてることが多いですが
それにより皮脂の分泌能力を
落とすことにも繋がります。

ジッテプラスには
ジメチコンとカルボキシビニルポリマーが
それに該当します。

キサンタンガムは天然ポリマーですが
天然だからいいというわけでもないですね。

あと1,2-ペンタンジオールは
刺激が少し気になる溶剤で
水素添加大豆リン脂質の原材料は
どんなものなのかよくわからないので
地味に気になりますね。

香料はラベンダーやベルガモット、
ローズマリー、グレープフルーツを
使ってると表記しているので
まだマシなほうかもしれません。

あと水酸化K、フェノキシエタノールは
保存料で害は少なそうですが
バリア層が壊れてるから
ちょっと気になります。

ジッテプラスと芸能人の関係の深さをちょっとだけ考察

jitteplus

ジッテプラスは芸能人との
結びつきが強い化粧品のひとつです。

初期のイメージキャラクターでは
グラビアアイドルの手島優さんが
務めており、そのほかにも
インスタで紹介する人もいろいろ。

そういう部分につられて
購入する人も多いと思いますので
今回はその点について
考察していこうと思います。

・ジッテプラスを使ってる?芸能人

ジッテプラスと芸能人といえば
手島優さんが有名ですね。

現在は契約期間が切れたのか
公式ページ上では架空の人物の
設定になっていますが、

絵はそのまんまなので
いまでもイメージが強いですね。

彼女の場合はモデルということで
一般人よりも背中を見せる機会が多く
本当に悩んでいたっぽいので
なかなか説得力がありました。

ジッテプラスの発表会のときは
タレントの鈴木奈々さんと
一緒に宣伝していましたね。

彼女も使っているかは不明ですが
どちらも綺麗な背中をしていたので
影響を受けた人は多いと思います。

インスタでも紹介する
芸能人は何人かいます。

例えば月刊誌popteenの
レギュラーモデルをしてる北澤舞悠さん。

彼女の場合は背中のビフォーアフターの
画像を載せていたので印象深いです。

それはインスタではなく
オフィシャルブログですね。

他にもビリギャルのカバーモデルで
金髪が話題になったことがある石川恋さん、

手島優さんに勧められたことがきっかけで
使い始めた益若つばささん、

女優として活躍する仲里依紗さん、

北澤舞悠さんと同じく
popteenのレギュラーモデルの
平尾優美花さんなど
挙げていくとけっこういます。

他にもたくさんいると思うので
興味があったら調べるといいでしょう。

・芸能人が使ってるからという基準はどうか

で、ここからはちょっと違った
考察をしていきます。

芸能人が使っているとなると
飛びつく人がいるけど
それはそれでどうなのかなって思うし、

その芸能人は本当に使ってるのかな?
って思うことがよくあります。

その人のファンならなおさら
そうかもしれないけど、
人は好きな人に共感するもので
同じになりたい心理がありますよね。

だからアムラーとかがいるわけです。

てことであの人が使ってるなら
私も使う!と問答無用で
買う人もいるかもしれないけど、

そもそも肌トラブルがなければ
ジッテプラスは買う必要はないです。

ニキビがあるとしても
少しあるかな程度でもいらないですね。

背中が全体的にくすんでるから
試しに使ってみたいなどの
理由がない限り冷静になりましょう。

あと芸能人は広告塔って役目が強いから
本当に使ってるかどうかは
二の次かもしれませんよ?

ジッテプラスとリプロスキンは悩みで選び分ける

jitteplus

ジッテプラスの強力なライバルと
いえるのがリプロスキンです。

使いみちはけっこう違いますが
ニキビスキンケアでは共通していて、
いろいろな効能があるようなので
似ているといえば似ています。

それぞれ得意分野はあるけど
ニキビケアをするという
前提があるって感じですね。

じゃあどっちがいいかって
ことになると思うんだけど
それがまた難しいです。

・リプロスキンについて

リプロスキンはジッテプラスよりも
歴史があるからより知られてるかもね。

単なるニキビケアじゃなく
ニキビ跡のケアがメインだから
けっこう難しいところに
挑戦してる感じです。

独自の浸透技術を新たに導入したり、
美容成分が16種類も入ってたり、
無添加にもこだわってるってことで
なかなかこだわってますね。

浸透技術は35年以上の
研究実績があるとのこと。

有効成分をナノ化させて
肌にとどまる効果もあるそうだから
そうそうはマネできない技術かと。

どちらかというと美白的な
意味合いが強いかなって思う。

でも美容成分がいろいろ入ってるから
シミ以外にも保湿や皮脂コントロールとか
いろいろできそうだから、

ニキビ跡ケアと同時にニキビケア、
スキンケアもできると思います。

あとは定期だと安くなったり
返金保証があったりと
おなじみの特典もあります。

てことで大雑把に観察すると
どっちもネットで人気のコスメで
オールインワンな特徴があって
特典もいろいろあるってことで
かなり似ている印象があります。

・ジッテプラスとリプロスキンどちらがよい?

じゃあジッテプラスとリプロスキンは
どっちのほうがいいかってなりますけど
それは悩みによりけりですね。

背中ニキビに悩んでいるなら
ジッテプラスがいいでしょうし、

どこでもいいからニキビ跡に
悩んでいるならリプロスキンです。

浸透技術の違いは大きいと思うから
使用対象は全然違ってきます。

ジッテプラスもナノ技術がありますが
リプロスキンのほうが技術的には
上だと思うのでニキビ跡も
ついでにケアしたいと思うなら
リプロスキンのほうがいいでしょう。

ニキビ跡の悩みがないのなら
ジッテプラスでもいいと思います。

どっちつかずってときは
値段で比べることになるかと。

ジッテプラスは初回は安いですが
定期回数に4回の下限が設けられてるので
返金保証を使わないのであれば
最低でも17000円ほどかかります。

リプロスキンは回数制限はないので
返金保証を使っても使わなくても
2000円ちょっとで試せるので
買いやすさでいえばリプロスキンです。

ちなみに質はどっちもどっちです。

ジッテプラスの量が少ないと思ったらケチるのも一手

jitteplus

今回はシビアな問題である
ジッテプラスの量について
お話していこうと思います。

ジッテプラスは残念ながら
量が少ないので
ケチるのも重要だったりします。

高いものなので
贅沢には使いたくないですよね。

ちゃんと使わないと
効果が出ませんよ~などと
言ってる人が多いですが
それだと公式の宣伝を
代弁しているようにも聞こえます。

・ジッテプラスの量はどのくらい?

ジッテプラスは背中ニキビ向けの
スキンケアの先駆けになったと思う
人気商品です。

芸能人も使っているとなったら
たちまち火がつくのは
もはや当然といえる状況です。

それはいいとして、
背中ニキビ向けスキンケアは
ありそうでなかったものなので
愛用している人は多いと思います。

オールインワン系なので
色んな意味で楽ちんでよさそうですが
欠点がないわけじゃないです。

塗りにくかったり値段が高かったり
量が少なかったりなどですね。

今回注目するのは量について。

ジッテプラスの口コミで
よく見かけるのは
量が少ないという不満です。

たぶん実物を初めてみた人は
ちっちゃ!と思うはずです。

内容量は60gなので
容器は手の平に余裕で乗るくらい
小さいです。

美容液とかでは
一般的な量かもしれませんが
ジッテプラスの場合は
背中に塗ることが前提なので、

そう考えるとやっぱり
少ないような気がします。

ジェルクリームなので
けっこう伸びるのが救いですが。

・ジッテプラスの使用量は重要

続いて使用量について見ていきましょう。

ジッテプラスの1回あたりの
使用量の目安(推奨量)は1gです。

それを朝晩2回使いましょうといってます。

1gとはどのくらいかというと
さくらんぼ大だそうです。

さくらんぼにも大きさはいろいろですが
大体直径が1センチくらいの
標準のものを目安にしてるのでしょう。

指先にたっぷり乗せるという感じですね。

朝晩使うと2g使うことになるので
ちょうど1ヶ月分くらいってわけです。

まあ1ヶ月もつなら化粧品としては
標準といえなくもないですね。

でもジッテプラスの場合は
値段が値段なので1ヶ月分は
ちょっと贅沢にも感じます。

なので症状によって
使う量を調節すればいいと思います。

使い始めは推奨量通りにして、
落ち着いてきたら夜だけにするとか。

そうすると2ヶ月使えることになり
コスパはだいぶ落ち着きますね。

定価で買ったとしても
1ヶ月3000円ちょっとになります。

必ず推奨量を使わないといけないと
言ってる人は多いですが、
コスパも考えてるのか疑問ですね。

ジッテプラスは美白効果がある成分が含まれてるようですが

jitteplus

ジッテプラスには美白効果もあると
評判になっています。

たしかに公式サイトでも
モデルが綺麗になったと
堂々と宣伝しており、

口コミも多数あるから
効果はあるのでしょう。

しかしそれは一時的である
可能性もあり、
もしかしたら使い続けないと
いけなくなることも考えられるので
一定の注意は要ると思います。

・ジッテプラスの美白効果について

ジッテプラスは多機能タイプ、
いわゆるオールインワン化粧品なので
ニキビ以外にもいろいろな効果が
期待されています。

そのひとつが美白効果です。

美白とはメラニン色素を分解したり
生成を抑制したりして
肌の色を白く透明感のあると言われる
状態へと導いたり維持することです。

肌がくすむと暗い印象を与え
マイナスイメージになってしまいますので
女性にとっては一大テーマです。

ニキビ肌はターンオーバーが遅れてるので
くすみも自然にセットになるものです。

あとニキビの炎症がひどいと
ニキビ跡の形でメラニン色素が
生成されやすくなります。

ジッテプラスに美白効果があるのは
アスコルビン酸とプルーン酵素エキスが
含まれているからです。

アスコルビン酸はおなじみの
ビタミンCのことで、
メラニン色素を分解する効果があります。

プルーン酵素エキスは
表皮細胞がメラニンを取り込むのを
防ぐ効果があるそうです。

メラニン色素自体の動きを
抑制するというビタミンCとは
違ったアプローチで
美白するそうです。

その他にも含まれる
いろいろな成分との相互作用になって
ニキビ肌を綺麗にしていくのが
ジッテプラスというわけです。

・化粧品に過度な期待はしない

とはいうものの、
ジッテプラスは化粧品なので
そこまで強い効果が
あるわけではありません。

自然の成分は偉大ですが
医薬品のように即効性が
あるものではないですし、

ターンオーバーは時間がかかるので
そうやすやすと美白はできません。

化粧品は単なるサポート役であって
絶対必要ってものでもないことも
頭に入れておく必要があります。

そもそも肌トラブルの原因も解消も
自分自身の体の状態で決まります。

化粧品はどちらかというと
悪い意味になることが多いです。

美白化粧品と言われてるものほど
肌に悪い成分もいろいろ
入れてるものなのです。

なぜなら成分を浸透させるために
合成界面活性剤を使用してるからです。

するとバリア層が壊れるので
結果的に乾燥肌になる恐れもあります。

ジッテプラスもそういう部分もあるので
使うとしてもほどほどに
しておいたほうがいいですね。

ジッテプラスは本当に安いのか改めて考えてみました

jitteplus

ジッテプラスは安いのか高いのか、
改めて考えてみたいと思います。

どこで買うのが一番安いのかは
もう誰でもわかってると思いますが
コスパはどうなのかを
ちゃんと考えないといけません。

何も考えずに買うと
損してしまう恐れもあります。

・ジッテプラスの購入おさらい

まず基本的な確認として、
ジッテプラスは楽天やアマゾン、
ヤフーショッピングなどの
大手ショッピングサイトで
取り扱ってます。

ドラッグストアや雑貨屋などでは
市販されていません。

ネット限定商品ってことです。

ただ公式サイト以外では
あまりお得ではないので
単品で買いたい場合以外は
おすすめできないですね。

公式だと定期の申込みや
全額返金保証があるので
通常はそちらで買ったほうが得です。

フリマアプリとかにも
ある可能性はありますが、
出品者の利益が考慮されてるので
そんなに安くないと思います。

定価と比べたら安いだけですね。

初めて買う場合は特に
定期で申し込んだほうがいいです。

定期だと1個目が980円で
全額返金保証もついてるので
ほぼリスクなしで試せます。

全額返金保証は返送料がかかりますが
それでも負担はそれだけなので
ほぼタダのようなものです。

継続するにしても
つねに30%くらい安く買えるので
他のサイトでは考えられない安さです。

・ジッテプラスは安い?高い?

次に継続する場合の
コスパについて考えていきましょう。

ふつうに考えるとお得ですが、
それはニキビスキンケアという
狭い範囲での話です。

私生活において考えると
果たして本当にそれは
自分にとっていい投資になってるのか。

今一度考えたほうがいいでしょう。

というのも、本来体の不調というものは
自然と治っていくものなので
ケアは最低限でいいはずなのです。

極端なことをいうと
保湿もいらないくらいです。

背中は皮脂腺も汗腺も多いので
余計そうだといえます。

一時的なストレスや季節の影響で
乾燥することはありますが
そういうときはシンプルな
保湿クリームでもいいくらいです。

ジッテプラスは保湿に加えて
抗炎症や殺菌、美白効果が
付加価値としてついていますが、
なかなか高価なのがネックです。

実際、ジッテプラスを使ってる人は
たくさんいますがほぼ異口同音に
コスパが悪いと評判です。

ちなみに1年使い続けると
通常の定期よりさらに安く
買うことができるようになりますが
そのことはあまり知られてません。

その理由は高くて継続できない人が
多いからだと推測できます。

てことで試してみたい場合は
参考にしてみてくださいね。

メルラインとジッテプラスを比較するとどっちがいいか

jitteplus

メルラインもジッテプラスも
人気のニキビスキンケアなので
どっちがいいか迷っちゃう人も
多いかもしれません。

性能的にはどっちもどっちなので
自分が気になる方を
素直に選べばいいと思います。

細かく比較すればするほど
わけがわからなくなります。

・メルラインとジッテプラスの違い

メルラインとジッテプラスは
どちらもよく似た化粧品です。

ニキビスキンケアであり、
オールインワンジェルであり、
有効成分は似通っていて
定期購入や返金保証まで
用意しているなどです。

もう少し細かな違いを見ていきます。

まず有効成分は表記上は全く同じで
グリチルリチン酸ジカリウムと
水溶性プラセンタです。

厳密に中身が全く同じかどうかは
わかりませんがほぼ同じだと
思っていいでしょう。

その他の成分はだいぶ違います。

ジッテプラスの全体的に
多いかなという印象です。

大きな共通点はどちらも
保湿に力を入れていることですね。

ヒアルロン酸だけで
何種類も入っています。

あとは合成界面活性剤や
合成ポリマー、謎の香料など
添加物類が少々多いことも同じですが

数だけいえばメルラインのほうが
少ないかもしれません。

続いて価格について。

定価はいずれも7000円ほどと
高額ですが定期便にすると
かなり安くなるのが特徴です。

ジッテプラスは特にそうで
初回だと980円と破格になります。

メルラインは初回でも4480円と
ジッテプラスと比べると高いですが
その後は4980円と同じです。

返金保証はジッテプラスが90日、
メルラインが180日と
期間が倍も違います。

・結局どっちがいいの?

このようにいろいろ違いがあるのですが
正直どちらがいいかなんて
よくわからないと思います。

最終的にはコスパで選ぶか、
印象で選ぶかになると思います。

シンプルに選ぶとすると
背中ニキビならジッテプラスで
顎ニキビならメルラインになりますが、

どちらもニキビはニキビであり
それぞれの部位に特化しているとは
考えにくいので、
ぶっちゃけどちらでもいいと思います。

どちらも同じ医薬部外品ですし。

化粧品よりは効果的だという
お墨付きがありますが、
医薬品と比べると効果は緩やかなので
そこまで期待するものでもないです。

肌への負担はどちらもあるので
健康的に判断するのは
お門違いな感じがしますが、

成分が少ないほうが安全だと
考慮するとメルラインかもしれません。

コスパを気にするなら
ジッテプラスですが
量はメルラインより5g多い程度で、

定期便は4回続けるのが条件なので
コスパがいいかは微妙なところ。

試したいだけなら
定期が2回だけでいい
メルラインのほうがいいかもしれません。

気になる背中ニキビと髪の毛について考えました

背中ニキビ

背中はニキビが出来やすい場所で、長い髪の毛はさらに悪化させることもあるということ。触れる刺激や雑菌の付着が多いことや、洗った時のすすぎ残しが背中ニキビの原因となりニキビが出来たり悪化することがあります。手が届きづらく、見えにくい背中はより注意が必要です。そして、その対策のポイントや普段の生活で気を付けたいことなどについてまとめました。

・背中ニキビの原因に長い髪の毛も関係していること知ってますか?

暖かくなり薄着の時期になると背中ニキビが気になりますよね。背中ニキビはできると治りにくいので、女性で悩んでいる人も多いと思います。
ニキビの原因にはホルモンバランスや皮脂、細菌感染などあります。それ以外に、背中ニキビは長い髪の毛が関係していることもあるんです。

薄着になると露出も増え、その結果背中に長い髪の毛が触れることが多くなります。背中はもともと皮脂が分泌しやすく、服などによる摩擦でニキビが出来やすいところです。髪の毛のチクチクする刺激がニキビを引き起こしたり、悪化させてしまいます。
そして、髪の毛は清潔に保つようにしていても雑菌が付いてしまいます。その雑菌が髪の毛から背中に移り、細菌感染を起こしてしまう原因になってしまいます。

髪の毛にはまだ問題があります。洗う時に使うシャンプーやトリートメントのすすぎ残しです。背中は手が届きにくく見えづらい場所です。そのため注意して洗い流しているつもりでも、シャンプーやトリートメントなのが残ってしまいます。その成分が毛穴に詰まりニキビの原因になってしまうのです。
髪の長い人は、入浴時にすすぎ残りに注意し、髪を洗った後に体も綺麗に洗うように心がけましょう。

・背中ニキビの対策のポイント

まず1つは、肌に負担をかけないということです。できるだけ摩擦などで刺激がないようにタオルは柔らかいものを選ぶのが良いですね。通気性が悪いと雑菌が繁殖する原因になるので、衣服は綿などの通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

気になっても必要以上に触ったり、掻かないように注意しましょう。長い髪の毛でチクチクしないように、髪を前にしたりアップにするなど髪型に工夫するのもおすすめです。
次に肌を清潔に保つということです。髪を洗った時はすすぎ残しに注意ししっかり流す事と、髪を洗った後で体を洗う事は重要です。

そして背中も保湿するように心がけましょう。保湿することで、角質層まで潤いバリヤ機能を強化することができます。化粧水や専用のローションなどで保湿して髪の毛の刺激に負けないような肌にしましょう。

ニキビの対策としての基本は、たっぷりと睡眠をとることやバランスの良い食事です。睡眠不足は、肌にも体にもよくないのはよく知られています。できるだけ質の良い充分な睡眠をとれるように、リラックスした状態で睡眠をとれるように心がけましょう。
食事も、油分や糖分の多いものは摂りすぎに注意し、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン類を摂るようにしましょう。偏りのない全体的にバランスのとれた食事を心がけましょう。

背中ニキビを繰り返すため改善する方法

背中ニキビ

背中ニキビはいつの間にか発生し、原因を確かめて治さないと同じ苦痛や痛みを繰り返すことになります。原因は夏場になると汗をかきやすくマラセチア菌が発生して炎症を起こし、強いかゆみや違和感が起きやすいです。改善する方法はマラセチア菌が皮脂を好む細菌であり、汗が出やすい時期に起きやすく殺菌や抗菌作用があるものを使ってケアをすることが求められます。

・背中のできものを何とかしたい

背中ニキビは繰り返すもので、かゆみや違和感があり椅子に座るとどうしても気になるものです。特に夏場は気温が高くて外に出歩くだけでシャツに大量に汗が付着し、そのまま放置するとマラセチア菌が繁殖してしまいます。背中の部分は目視ができないためどのような状況ですがあるか分からないもので、違和感やかゆみがあり検査を受けるといつの間にかニキビが発生していることも多いものです。

改善する方法は病院で検査を受けると医師に原因を確かめ、自宅で自分自身でケアができるように塗り薬やかゆみ止めなどを処方してもらえます。背中の汗は拭き取らないとカビの原因になり、毛穴に詰まってマラセチア菌が炎症を起こしてニキビになるため注意が必要です。炎症が起きやすい原因は他にもストレスなどもあるため、規則正しい生活をすることや食事に気を配るなど対策を講じると効果があります。スキンケアをする時は皮膚に影響を与えないようにしたいもので、不安な場合は医師に検査を受けてアドバイスを参考にする方法が望ましいです。

・どのようにすれば良いか考えよう

背中ニキビは適切に予防しないと繰り返すため、手順を決めて今後の生活を安心して暮らせるようにしたいものです。マラセチア菌は脂分を好むためオイルが含まれていないものを選び、シャンプーやリンスなどをすれば洗い流すなどおろそかにならないようにする必要があります。

夏場は汗をかきやすく湿度が高くなるためスッキリするようにスキンケアを行うことを心がけ、専用のケア商品を探すことが大事です。スキンケアはイソプロピルメチルフェノールを使うと殺菌や抗菌作用があり、スッキリした状態になります。ほかにもアクネ菌も炎症を悪化させやすく殺菌作用があるサリチル酸や、炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが含まれている専用ケア商品を探すと効果が高いです。

ニキビは赤くなることだけでなくかゆみが強くなるため、我慢できなくなることがありかゆみ止めを使って触らないようにする必要があります。また、汗をかくと服の摩擦なども影響しやすく、汚れを落としてスッキリとした状態になるように心がけることが大事です。背中ニキビは発生してもなかなか気が付かないもので、かゆみや違和感があってはじめて分かることもあります。ニキビを治したい時は角質ケアで毛穴を詰まらせないようにすることを心がけ、最適な方法を探すと良いものです。

ページの先頭へ