「2018年10月」の記事一覧

ジッテプラスは胸ニキビにも有効なのかどうなのか

jitteplus

ジッテプラスは胸ニキビにも
使うことができると思います。

ただ顔以外のニキビの場合は
単なるアクネ菌の増殖だけとは
限らないので必ずしも
効果的ではないことも
覚えておきましょう。

・胸ニキビの原因とか

ニキビは基本的に皮脂腺や汗腺が
多いところにできやすいです。

実は胸もそのひとつです。

胸と言っても乳房というより
胸の間、デコルテにできやすいです。

だからデコルテニキビと
言われることもあります。

胸も背中と同じく
顔と比べるとそんなに見ないので
荒れていることに気づきにくいです。

でも夏は胸元が空いた服を
着たくなるということで
気になる女性も多いと思います。

ポツポツだらけだったら
誰にも見せたくないですし。

胸ニキビができる原因は
基本的に他の部位と一緒です。

洗い過ぎによる乾燥、肌荒れ、
ストレス、化粧品や薬の刺激、
衣服の擦れ、季節性の乾燥肌など。

もちろん食生活をはじめとした
生活習慣全般も関係します。

炎症が起こるということは
免疫力が低下している、
すなわち不健康気味ということ。

皮脂腺や汗腺が多く、
胸元は蒸れやすいなどの条件は
基本的にみんな同じですので、

あなただけ悩んでるということは
健康的に問題があると思いましょう。

・ジッテプラスは胸ニキビに効く?

ではジッテプラスは
胸ニキビに有効なのかと言うと、
どちらともいえないが正解だと思います。

というのも胸ニキビは
ニキビじゃない可能性もあるからです。

顔以外の吹き出物の場合、
マラセチア菌というカビが繁殖して
炎症になることもあります。

それをマラセチア毛包炎といい、
ニキビよりも細かいポツポツが
広範囲に現れる特徴があります。

ジッテプラスはマラセチア菌を
想定して作られていないので
殺菌するという意味では
そんなに効果を発揮しなさそうです。

ただ、ジッテプラスには
抗炎症成分が入っており、
一応一時的な保湿効果はあるので、
全く意味がないわけではないです。

何が原因だろうと炎症は炎症なので
とりあえず見た目を少しでも
良くしたいのなら使う意味は
あると思います。

ただ薬よりは効果は劣るので
てっとり早く炎症を沈めたいなら
何かの市販薬を買うか
皮膚科にいったほうが断然早いです。

あくまでジッテプラスは
補助アイテムとして
使うのがベターだと思います。

補助アイテムのほうが高価という
少々変な感じがしますが。

ジッテプラスは量は少ないですが
伸びはいいのでなるべくケチって使い
調節していきましょう。

他の部位に使っているのなら特にです。

背中ニキビにオロナインが効果的な理由は?

背中ニキビ

背中ニキビがあると困りますよね。彼氏の前で裸になる事があると「見られたくない」と思う事もあれば、背中が大きく空いているドレスを着る機会などには、「人の目が気になったり」。背中ニキビを治すには実はオロナインが効果的である事を知っていますか?オロナインにはアクネ菌を倒す効果がありますが、殺菌作用でニキビを改善する事ができるのです。

・オロナインが背中ニキビに効果的な理由

オロナインが背中ニキビに有効な理由はオロナインに配合されているクロルへキシジンググルコン酸塩が関係しています。殺菌作用が非常に強い成分でニキビの原因になるアクネ菌を倒す事ができます。

アクネ菌は常在菌ですから誰の肌にでもいる菌になります。しかし、異常繁殖する事でニキビを作る原因となります。オロナインを使う事で異常繁殖しているアクネ菌を倒してニキビが改善されるのです。

逆に言えばアクネ菌が異常繁殖していない状態の肌にオロナインを使うと、本来必要になるアクネ菌まで殺してしまいます。ある一定の数のアクネ菌は肌に必要になるのでむやみにオロナインを使うべきではありません。

・オロナインは赤ニキビに効果的

背中ニキビとは一口に言っても、赤ニキビや白ニキビ、黒ニキビなどあります。中でもオロナインは赤ニキビに効果的と言われています。では、赤ニキビには効果が強い理由はどこにあるのでしょうか。

・赤ニキビに強い効果がある

赤ニキビはアクネ菌の異常繁殖が原因で炎症を起こしている状態です。赤くプクっとしているのが特徴的で、痛みもある場合があります。赤ニキビのようにアクネ菌が異常繁殖している状態なら、オロナインが効果を強く発揮します。

塗る時にはピンポイントで少しの量を手を使うか、清潔なガーゼを使うようにします。オロナインは予防のために使う物でなくて、できたニキビの部分に使うようにしてください。
改善したらもう使わないようにしないといけません。

・白ニキビや黒ニキビには効果はない

背中ニキビでも白ニキビや黒ニキビの段階なら、毛穴に皮脂や老廃物が溜まっているだけの状態です。老廃物が詰まっているだけの状態ではアクネ菌の異常繁殖は起きていません。

たくさんアクネ菌が繁殖をしていない状態でオロナインを使うと余計な油分を詰まらせるだけになり、ニキビが悪化してしまいます。

・まとめ

背中ニキビができるといろいろな場面で肌を露出する事をためらうようになりますね。背中ニキビで特に赤ニキビの状態でオロナインが非常に効果的なので、使ってみましょう。きっと改善されて、自信を持って背中を見せる事ができますよ。

ジッテプラスに副作用はある?弱い肌にしてしまう恐れも

jitteplus

ジッテプラスは厳密には
副作用はないといえますが
リスクが0ではありません。

薬とは違うのですが
あまり長期間使わないほうが
いいという点は皮肉にも
共通している部分です。

多くの人は副作用はないから
安心して使えますと言いますが
それは短期間の使用が
前提になっているはずです。

そうでなければ認識不足です。

・ジッテプラスに副作用がないわけがない

最近は薬以外に化粧品などにも
副作用があるかもしれないと
言われるようになっています。

確かに化粧品でかぶれたなどの
口コミを見かけることはあります。

しかし、それは厳密には
副作用とはいいません。

そもそも副作用とは
医薬品を使った際に起こりうる
有害な反応のことをいいます。

でも症状としてはほぼ同類なので
意味的にはかなり曖昧です。

ということで近年は薬じゃなくても
副作用といってもまかり通ってる
感じではあります。

それを踏まえてジッテプラスにも
副作用はあるかもしれないなどの
表現を用いることにします。

さて、ジッテプラスに
副作用はあるかないかですが、
ないというのは無理があります。

ジッテプラスは人気があるので
紹介する人も多いですが、

副作用はないので安心して使えます

といったことが
言われることが非常に多いです。

ジッテプラスの場合は特に
それは考えにくいことです。

ニキビ向けということは
肌荒れしている人が使うもので、

しかも成分が多いことから
なんかしらの拒絶反応が
起きやすい代物だと思うからです。

成分表示を見ると
数え切れないほどいろんなものが
含まれていますよね?

成分が多いほど副作用が起きる
可能性が高いですので
肌に合わない人はどこかにいるはずです。

・化粧品の怖いところ

使い続けることで
肌に合わなくなることも考えられます。

なぜかというとジッテプラスは
成分を浸透させようとしてるからです。

合成界面活性剤で肌のバリア層を壊して
保湿成分などを染み込ませるわけです。

バリア層は皮脂膜のことで
水分や細菌などが入り込まないよう
ガードする役目があります。

それを壊すと水分が蒸発しやすくなり
肌はぼろぼろになります。

保湿成分やシリコンでガードしても
皮脂膜のようにはいかないので
蒸発は防げません。

だから長く使うほどリスクが
高まると考えられるのです。

ジッテプラスに限らずですが
化粧品はバリア層にちょっかいを出すものが
圧倒的多数なのが現状です。

化粧品と医薬部外品はほとんど同じなので
あまり気にしなくてもいいです。

気にすべきは肌に良いか悪いかです。

背中ニキビにはエタノールが効く?

背中ニキビ

女性で背中ニキビに悩まされている人は意外に多くいます。背中というのはなかなか見えない場所なので気付いた時には広範囲に広がってしまっていたり、ケアする時は手が届かず一度できてしまうとなかなか綺麗に治すのが難しいです。そんな背中ニキビはどんな原因でできて、どのようなケアをするのがいいのかなどご紹介していきたいと思います。

・背中ニキビができる原因

ニキビというのは汗や洋服による摩擦、生活習慣、ホルモンバランスの崩れなど色々な原因があります。皮脂が多く分泌してしまうと毛穴が皮脂で詰まってしまい炎症を起こしやすくなるからです。背中ニキビの主な原因はこの毛穴の中にある毛根を包んでいる毛のうというところに皮脂などがたまり炎症を起こしてできます。この炎症はカビ菌といわれる真菌によって引き起こされることが多く、顔にできるニキビとは違うものになります。顔のニキビの場合は思春期などの若い頃に出来やすいのですが、背中ニキビは年齢や性別は関係なく誰にでも現れます。ですので他にできるニキビとはケアの方法も変わってきますので注意が必要です。

・綺麗に治す治療方法

背中ニキビにはエタノールが効くという話と効かないという話の両方があります。これはどちらも正しく、消毒として少し使う分にはとても効果があります。エタノールにはニキビの原因になるマセラチア菌やアクネ菌を殺菌する効果があり、そこに広がる黄色ブドウ球菌をも消してくれるので予防やケアをするのにはとても良い治療法です。実際、ニキビケアとして販売されている化粧品にも数多く使われています。しかし、エタノールというのはとても刺激が強いため体に必要な良い菌まで殺してしまいますので、大量に付けるのは逆効果となってしまいます。しかも刺激が強いので発疹や発赤など痒みがでてしまう副作用が出る事もあります。ですので敏感肌の方や乾燥肌の方にはおすすめできません。エタノールを背中ニキビに付ける場合には必ずコットンや綿棒などに一度取り、それを患部に塗るようにしましょう。そしてエタノールというのは揮発性がありますので塗った後は乾燥しやすくなります。ですのでエタノールで消毒をし終わったら、必ず化粧水などで保湿をするのを忘れないようにしてください。乾燥は背中ニキビには大敵で皮膚の表面を守るバリアが壊されてしまい、悪化させる原因となってしまいます。必ず正しいケアをして治すようにしましょう。

ジッテプラスを使うと肌荒れすることはありえるのか

jitteplus

ジッテプラスを使うと逆に
肌荒れを起こす可能性があります。

あまり意識がない人にとっては
ありえないと思うかもしれませんが
どんな化粧品でもありえることです。

ジッテプラスのように成分が多いもの、
成分を肌に浸透させようとするもの、
使う頻度が高く長期的になるものは
より肌荒れのリスクが高いといえます。

ひとつの参考にしておいてください。

・ジッテプラスと肌荒れの可能性

ジッテプラスは背中ニキビ向けの
人気スキンケアです。

ニキビケアはスキンケアでもあるので
ついでに肌荒れの予防にも
役立つようなものになっていますね。

特に大人になってからは
乾燥肌との戦いですので
肌荒れ対策は至上命題みたいに
重要視されます。

ジッテプラスは保湿を重視してるので
ニキビ肌対策にはぴったりだと
よくいわれます。

オールインワン系なので
これを使ってさえいれば
綺麗な背中や顔に戻れる、
またはキープできると
思っている人は多いと思います。

ところが逆の可能性もあることは
ほとんどの人が意識していません。

なぜかというとほとんどの化粧品には
リスクが内在しているからです。

最近の化粧品は多くの成分を
配合する傾向にあります。

多いほど効果が高そうなイメージや
お得感があるかもしれませんが
成分は多いほどリスクも高いです。

どんな物質もアレルゲンになりうるので
肌が荒れているほどリスキーとも
考えられるのです。

クーラーが効きすぎているとか
日に当たる場面が多かったなど
一時的な外的要因だけならまだしも、

不健康な理由で肌荒れしてるのなら
抵抗力が弱まっているので
免疫が過敏になってる可能性があります。

・便利なものほど注意が必要

そして大半の化粧品は
成分を肌に浸透させようとしますが
それがそもそもの問題点です。

基本的に肌から入ってくるものは
体は異物と判断します。

普段はバリアを張って守ってますが
界面活性剤でそれが壊され、
異物が入りやすい状態になります。

ナノ化していると顕著です。

そういうものを長らく使うと
慢性的にバリア層が
未熟な状態になるので
逆に乾燥肌すら招きうるのです。

ジッテプラスはそれらの条件が
すべて揃っています。

高機能と言われるものほど
裏返すと危険性もいろいろなのです。

ということでジッテプラスにも
肌荒れリスクがあることが
なんとなくでもわかったと思います。

それを踏まえた上で使わないと
いけないのではないでしょうか。

意識を高めていかないと
なんでニキビができるのかも
肌荒れするのかも見えてきません。

化粧品に頼っている時点で
問題だと思った方がいいですね。

背中ニキビに悩む女性のウェディングドレス対策

背中ニキビ

婚式でウェディングドレスを着る予定の女性に意外と多い悩みが、背中ニキビです。ウェディングドレスは背中が大きく開いたデザインのものが多いため、式までに少しでも綺麗になりたいと考える女性は多い傾向にあります。対策としては、式までに少しでも背中ニキビの状態を良くすることに加えて目立たないドレス選びも有効です。

・背中ニキビとドレスの悩み

結婚式で着るウェディングドレス選びは、多くの女性が人生で最も美しい時期を思い出に残す為に少しでも美しくなりたいと望み、こだわりを持つ人が多い傾向にあります。しかし、背中やデコルテ部分が大きく開いたデザインのものが多いウェディングドレスを着る際に、背中のニキビが目立つことを気にする女性もまた多いのが実情です。

・意外と多い背中ニキビの特徴

背中ニキビは、顔のニキビのように皮脂が多い部分に赤く炎症を伴ったニキビがいくつもできるのが特徴で、顔にできる症状より化膿するケースも多く見られます。顔と違って普段は露出していませんので目立ちませんが、ドレスを着るとなると目立ってしまいますので少しでも改善させたいと多くの女性が考えています。原因は過剰な皮脂や雑菌と考えられていますが、ストレスや腸内環境などとの関連も指摘されています。

・メディカルエステのブライダルプラン

最近では、こうしたブライダル前の背中ニキビに悩む多くの女性向けに、エステティックサロンやクリニックでブライダルプランの施術を行っているところも増えています。結婚式の日にちに合わせてスケジュールを組み、少しでも症状が改善するようなトリートメントをすることで炎症を抑えたり新しくニキビができるのを防ぐ効果が期待できます。

・ドレス選びで目立たなくする方法も

式の日までに最大限の努力をして、少しでも背中を美しくしたいと考えていても本番までに間に合わなかったり、気になるニキビができることで式に集中できない、そんな悩みがある方はあえて背中を出さないドレスを選択する方法もあります。デコルテや背中の出るデザインのドレスは花嫁の定番ですが、最近はホルターネックやノースリーブのシンプルなすっきりしたデザインのものを選ぶ花嫁も多く見られます。背中ニキビが無くてもそういったデザインのものを選ぶ新婦は多いですので、心配ならそういうものを選ぶと良いでしょう。又、背中部分をチュールレースでカバーするようなデザインなら、目立たせずに背中を少し見せることが出来ます。

ジッテプラスに年間トクトクコースなるものが存在しますが…

jitteplus

あまり知られていないと思いますが
ジッテプラスを買い続けると
通常の定期より更に得になる
コースがあるようです。

それが年間トクトクコースというもので
定価の半分以下の値段で
購入することができるとのこと。

1年間以上が条件ですから
おそらく当てはまる人は
あまりいないような気がしますが。

・ジッテプラスを1年間買うと?

ジッテプラスの特徴のひとつに
定期コースのお得感があります。

初回は980円で、
それ以降は4980円と
定価よりもだいぶ安く
買い続けることができます。

定価は6980円なのでお得感が強く、
返金保証もありますので
ほとんどの人は定期コースを
申し込んでいるでしょう。

しかし、ほとんどの人に
知られていない特別な
定期コースも存在します。

それが冒頭でも紹介した
年間トクトクコースです。

これは1年間以上
定期コースを続けることが条件で、
さらに安く買うことが
できるようになります。

条件に当てはまると
1本3333円で買えます。

定価と比べると半額以下なので
これまた太っ腹価格です。

こんなにお得なのに
あまり知られていないのは、
おそらく条件が厳しいからでしょう。

せめて半年とかにすれば
もっと知られてたのはと思います。

レビュアーの方の記事を見ても
年間トクトクコースについては
触れられていないことが大半です。

予想では大半の方が初回か、
4回目の時点でやめると思います。

・年間トクトクコースの問題点

よくよく考えてみると、
年間トクトクコースは
全然得じゃないことがわかります。

1本の値段だけみると安いですが、
総額で考えると全然違います。

条件が1年継続ですので、
仮に毎月買ったとしたら
約55000円もかかります。

初回でやめると数百円の出費で済み、
定期コースの最低条件である
4回目でやめると16000円ほどで
済むのでかなりの違いがありますよね。

そもそもニキビはそんなに長く
対策し続けるものでもないと思うので
そんな長期間の使用を想定したことは
少し変だと思います。

ニキビ跡が残る重症気味な
ニキビ肌だとしても、
せいぜい数ヶ月単位であって
年単位とは考えにくいです。

スキンケアという目的で
使い続けるという考えもあると思いますが
ジッテプラスは成分的に
長く使い続けるものじゃないです。

バリア層を壊してしまうので
長く使うほど乾燥肌を
招く恐れがあります。

ということで年間トクトクコースは
全体的に見てどうなのかなと思います。

それよりも健康について
勉強するのが大事です。

背中のニキビに効く薬はどんなものを選ぶべきか

背中ニキビ

ニキビというと顔のニキビを思い出しますが、背中にもニキビはできます。背中ニキビは、治しずらいイメージがありますが、適切に治療をすれば完治も可能です。

背中ニキビを治すためには、背中を清潔にして薬を使用することが一番良い方法ですが、ニキビの種類によってどんな薬でもいいというわけではないようです。

今回は、背中のニキビに効く薬はどんなものを選ぶべきかについて紹介します。

・背中ニキビを治す薬を選ぶ前にすること

背中ニキビを治す時に、薬をつける人も多いと思います。薬局に行くと、多くの皮膚炎の薬が存在します。素人から見ると、どれも同じような皮膚の炎症を治す薬だと思ってします。

しかし、全てにおいて成分が違って、症状によって適切に薬を選ばないと、場合によっては今よりも悪い状態になってしまうこともあるのです。

そのようなことを避けるために、薬をよく選ぶ必要があります。そのためには、今の背中ニキビの種類を特定する必要があるのです。

・背中ニキビと顔のニキビは違うもの

皆さんはニキビと言うと顔にできるニキビと背中にできるニキビは同じだろうと思っている人が多いと思いますが、顔にできるニキビは、顔に住み着いている アクネ菌が悪さをしてニキビができるケースがほとんどです。

しかし、背中ニキビは、アクネ菌ではなく一般に存在している黄色ブドウ球菌や真菌が原因のことが多いです。

最近では、アクネ菌を除去する洗顔剤がありますが、それを背中に使用してもあまり意味がありません。背中ニキビには、別の対処が必要になってきます。

・背中ニキビが出来るメカニズム

背中ニキビができる原因として黄色ブドウ球菌を代表としてもともと人間の皮膚に住み着いている常在菌が毛穴の中に繁殖して、炎症を起こします。

毛穴の中に菌が入り込む時は、 清潔に保っていなかったり背中を掻いて傷つけてしまったり、 ストレスで肌が弱くなった状態が長く続いたり、背中の皮膚が正常でない時に、菌が入り込みます。

後は、ホルモンの分泌が過剰な場合、背中ニキビができやすい状態になります。

・背中ニキビを治すにはどうするべきか。

まず背中ニキビができているということは、背中の肌の状態が著しく正常でない状態にあるので、できるだけ清潔に保って正常の時の状態に戻してあげることが治りも早くなります。

そして、 背中ニキビの原因を探って、適切な薬を選ぶことが一番の近道です。薬と言っても、いろんな種類の薬なります。

抗生物質や抗真菌成分のもの 、ただ炎症を抑える抗ヒスタミン成分など素人では、見分けがつかないものもあるので、薬局で相談するのも一つの手です。

ちょっとした背中ニキビであれば、炎症を抑える程度の薬で十分だと思いますが、あまり大きなおできであると、薬では治らない場合もあります。

・まとめ

背中ニキビといっても、単なる炎症なのか、カビによるものなのかわかりません。もしわからなかったら皮膚科に相談するのが一番の近道かもしれません。

背中ニキビが治らなかったら、皮膚科に相談しましょう。

背中ニキビ

背中ニキビは、毛穴にバイ菌が入ることによって炎症してニキビができます。特に、中高生になると背中ニキビができやすくなります。

大体が放っておけば、自然治癒してしまいますが、場合によっては、ひどくなってしまうこともあります。そうなる前に、背中ニキビを皮膚科で治すという手もあります。

今回は、背中ニキビを皮膚科で治す必要性について紹介します。

・ほとんどの背中ニキビは、普通に治る

ほとんどの背中ニキビは、自然治癒か市販の薬で治ってしまいます。ですから背中ニキビができたら、できるだけ清潔に保つことが重要です。

毎日お風呂に入り、背中の汚れを洗い落として背中の皮膚を正常に戻すことが一番の近道です。注意したのが、あまりゴシゴシ石鹸で洗わないことです。

石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、肌を守っている油が洗い流されてしまい、肌が乾燥して、菌が入りやすい状態になってしまいます。

また、強くこすると、背中に傷がついてしまって皮膚のバリアが壊れてしまい、菌が入りやすい状態なってしまいます。そのようなことがないようにあまり力を入れずに背中の汚れを洗い落とすことが非常に重要なことです。

また、 背中を洗った後、保湿剤など塗っておくと良い状態に戻りやすいですし、背中ニキビの予防もできます。

市販の薬は、多くの種類が売られているので、背中ニキビが、菌によるものなのか、カビによるものなのかそれによって使う塗り薬が変わってきます。判断しかねる場合は、皮膚科の利用をお勧めします。

・背中ニキビは、皮膚科でないと治らないものもある

一般的に背中ニキビは、薬を塗れば完治をします。しかし背中ニキビの中には、市販の薬では治らないものも含まれています。

例えば、大きなおできなどは、薬で一時的に炎症を抑えることはできても、また炎症が起こってしまいさらにおできが、大きくなってしまうことがあります。

そういった場合には、皮膚科に行かなければ治らないケースがあります。また背中ニキビが、全てにおいて皮膚の炎症とは限らないかもしれません。

例えば他に病気があって、その病気の症状の一つに、背中ニキビになっているということも考えられるのです。いち早く原因を突き止めて、 病気を治す必要があります。

そのためには、皮膚科の受診が必要になります。

・皮膚科に行けば、今後のケアも教えてくれる

背中ニキビがよくでき、よく繰り返す人は予防がしっかりできていないことがほとんどです。皮膚科に行けば、適切な治療と予防のケアをアドバイスしてくれます。もちろん、書店やインターネットの情報を参考にしても良いのですが、皮膚科に実際に行かれた方が、直接相談できるので、メリットが高いと言えます。

・まとめ

最近では、医療の情報が多くあり良い事なのですが、中には間違っている情報もあり
個人で判断するのは危険な場合があります。正確な情報を知るためにも皮膚科で相談することの必要性を認識しましょう。

ジッテプラスとニベアはどちらがいいか考えましょう

jitteplus

ジッテプラスとニベア。

どちらも保湿効果に定評がある
化粧品ですが使うなら
どっちのほうがいいか
迷っていないでしょうか。

用途によって使い分けるべきなので
どっちがいいかは人によります。

ニキビに悩んでいるのなら
ジッテプラスでいいかもしれないですが
それ以外なら違ってくるでしょう。

・ニベアの特徴について

ニベアは有名芸能人をCMに起用するほど
有名な化粧品ブランドなので
幅広い年代の人が知っていると思います。

発売元は花王です。

青くて丸いアルミ製の容器が
印象的なのでニベアの青缶という呼称で
親しまれているようです。

ニベアでもいろいろ種類がありますが
今回はその中でも代表例である
ニベアクリームをピックアップします。

スキンケアクリームの一種ですね。

ホホバオイルをはじめ
ワセリンやグリセリン、シリコンなど
保湿効果がある成分がいろいろ入っている
典型的な保湿クリームです。

家族で使えることも謳っていますが
そんなに肌に悪い成分が
配合していないから
言えることだと思います。

大手の化粧品としてはめずらしく
合成界面活性剤が含まれていないので
実はまあまあな良品だといえます。

値段も小さいものだと
200円くらいで買えることから
根強い人気は今後も
継続するだろうと思います。

・ジッテプラスとニベアはどっちがいいか

ジッテプラスもびっくりするほど
人気があるニベアクリームですが
どちらがいいか聞かれると
ちょっと迷うところですね。

ジッテプラスは値段が高く
量も少ないので
手軽に買えないのが
大きな欠点のひとつですが、

ニキビスキンケアということで
それなりにニキビ向けの
成分を配合しています。

代表例はグリチルリチン酸や
ダイズエキスなどですね。

あとは保湿成分である
ヒアルロン酸を複数種配合し
ナノ化までしてるので、
保湿にも特化したところがあります。

ニベアは保湿力は強いですが
ニキビケア向きではありません。

消炎成分や美白成分は入ってないので
ただ保湿したい人向きです。

ネットではジッテプラスのほうが
推奨される傾向が強いですが
長期的に考えるとまた
違ったことが見えてきます。

ニベアのいいところはシンプルなこと。

何より合成界面活性剤を
使っていないのが高ポイントです。

お世辞にも肌にいいとは
いえない成分も一部入ってますが
バリア層を壊さないだけ
かなりマシです。

ジッテプラスは残念ながら
そうではないので、
長期的に使う場合は
向いていないのです。

そういうことも参考にして
選んでほしいと思います。

ページの先頭へ