このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中に赤ニキビが出来て痛い時がある

背中ニキビが赤ニキビになってしまっているのは炎症している証拠です。
化膿してしまうと非常にやっかいですからお風呂でのタオルで
ゴシゴシやる事などからストップしてみてください。

 

また洋服なども関係してきますので詳しくお話いますね

 

背中のニキビの中でも赤ニキビは炎症しているので痛みが伴います。
赤ニキビは、「白ニキビ」や「黒ニキビ」がもっと悪化した状態です。

 

早めに適切な処置をしないと、化膿してしまい、
もっともやっかいなニキビ跡になってしまうので注意が必要です。

 

ニキビができた背中を不衛生な手や爪でひっかいたり、
ごしごしとナイロンのタオルで洗ってしまうと、皮膚はもっとダメージを受け
菌が繁殖しやすくなり炎症をおこしてしまいます。

 

また気が付かないうちに洋服の繊維などで
肌との摩擦がおこっている可能性もあるので、
着るものにも気をつけたいものです。

 

締め付けが強いブラジャーやトップスは赤ニキビを圧迫し、
よけいに炎症をうながしてしまいます。

 

女性でしたら、もしもブラジャーの紐の下や、アンダーバストあたりに
痛い赤ニキビができてしまった場合は、
なるべくニキビを刺激しないように注意しましょう。

 

炎症を起こしている赤ニキビは市販の塗り薬を塗るか、直ちに皮膚科で受診してもらい、
抗生物質を処方してもらうのが一番の方法ですが、

 

まず炎症をおさえることが重要なので、応急処置として
抗炎症成分が配合されている薬用化粧水を入浴後などに使うとよいでしょう。

 

赤ニキビの炎症がもっとひどくなると、アクネ菌だけでなく、
黄色ブドウ球菌も増え化膿してしまいます。

 

こうなってしまったニキビを手でむやみにつぶして
膿を出す荒治療はもっとも危険な行為です。膿を出したからといって

 

すぐに炎症がおさまるわけではなく、つぶして出てきた膿から菌が
もっと広がってしまい悪化させてしまう可能性がありますし、

 

もっとも跡に残る原因になりえますので
自分で潰す行為はどんなに気になっても絶対やめましょう。

 

赤ニキビができている箇所はとても敏感肌になっている状態なので
ドラッグストアにおいてあるニキビケア商品を使用するのは避けましょう。
多くのドラッグストアで販売されているニキビケア商品は実際とても刺激が強いです。

 

炎症をまず抑えることが先決なので、炎症をおさえる塗り薬、
または肌に優しい成分がふくまれた保湿剤でニキビの患部を守り、
刺激をこれ以上与えないように心がけます。

 

「合成界面活性剤」の入っていない洗剤料で
背中をやさしく洗い、常に背中をきれいに保ちます。

 

炎症が治まってきたら、今度ビタミンC導入剤がふくまれた化粧水などを使うなどして
赤ニキビを跡に残さないようにします。跡になってしまうと自力で背中をきれいに
元の肌に戻すのはかなり困難になってしまいます。

 

それだけ赤ニキビができるということはやっかいなことですので、
万が一できてしまった場合は慎重に処置することをおすすめします。

 

痛い赤ニキビができてしまうときは、不摂生がつづいていたり、
生理前や寝不足、普段よりも不規則な生活を送っている場合が多いです。

 

赤ニキビは体が悲鳴をあげているサインですので、今一度、
最近の生活習慣を振り返ることをお勧めします。

 

日常の生活でどういうときに赤ニキビが悪化してしまうのか
この原因を知ることは今後の背中ニキビの改善、完治にも
かなり重要なことだと思います。

 

赤ニキビがずっと治らない場合はニキビではない可能性もあるので、
直ちに専門家の診断を受ける事も検討しないといけません