このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中ニキビを治す方法は存在するのか?

一度できるとなかなか治らない背中ニキビを直す方法はあるのでしょうか?
皮膚科に受診してもらい強力な薬を処方してもらって治療するのも有効ですが、

 

そもそも背中ニキビは様々な原因が複雑に絡まり合っていることが多いので、
対策としてはその悪化させている原因を一つ一つ理解した上での、
セルフケア、生活習慣の改善が重要となってきます。

 

まず大事なのは背中を適度に保湿し乾燥肌を改善することです。
ニキビ体質になっている方の背中は皮脂が過剰に分泌しており、
一見乾燥とは無関係と思われがちですが、

 

逆に肌の乾燥が原因でオイリー肌になってしまっていることも多いのです。
適切に保湿ケアをしてあげるだけで、皮脂分泌は抑えられ、
衣類と背中の摩擦からも皮膚を守ってあげることができます。

 

背中の保湿にはヒアルロン酸やセラミド配合の保湿性の高い化粧水をスプレーしてあげたり、
天然オイルやローションをお風呂上がりにうすく背中にぬってあげるとよいでしょう。

 

背中ニキビの改善のためには背中を清潔に保つことが基本ですが、
気にしすぎて力任せに背中をゴシゴシ洗ったり、気になって触るなどして
ニキビ肌を刺激してしまうのは良くありません。

 

背中を洗うときは、なるべくシンプルな天然の原材料で作られた石鹸などで
キメの細かい泡を作り、手でやさしく丁寧になでるように洗います。

 

どうしても手で洗うのが物足りなく感じてしまう場合は、天然素材の綿のタオル、
てぬぐいや、肌に刺激を与えないものを使いましょう。

 

ごしごし洗うことよりも、泡をしっかり洗い流して洗剤を背中に残さないことがとても重要です。
特に洗髪の際のシャンプー、コンディショナーは、背中ニキビになってしまう原因のひとつでもありますので、
洗髪を先に済ませ、髪の毛の長い方は念入りに髪の毛すすぐことを意識しましょう。

 

お風呂上がりにタオルで体の水分を取り除く前にボディーローションや
クリームをまんべんなく塗ると皮膚の保湿力がアップします。

 

バスタオルも肌に優しい天然素材のものを選び、肌を刺激しないようにやさしく水分を拭き取りましょう。

 

バランスの良い食事を心がけ、体の内側からもニキビになりにくい体質を作ることも重要です。
ニキビの予防には、ブロッコリー、カリフラワー、レモンなどに含まれる「ビタミンC」、卵、納豆、アーモンドなどに含まれる
「ビタミンB2」、肉類、赤身の魚、にんにくなどに含まれる「ビタミンB6」をバランス良く摂取するとよいでしょう。

 

にんじん、ほうれんそうなどにふくまれる「ビタミンA」や、「コラーゲン」なども
健康なはだをつくるのにかかせない栄養素です。サプリメントなどで簡単に摂取するのもよいですが、
なるべく素材を調理したものを体に取り入れるように心がけましょう。

 

質の良い睡眠はお肌の改善に最も有効に働きます。ゴールデンタイムと呼ばれる夜の22時から
夜中の2時の間は成長ホルモンが肌を再生させてくれる助けになりますので、夜更かしは禁物です。
背中ニキビはいわば生活習慣の乱れ、ストレスの表れと言えます。

 

ストレスレス、規則正しい生活、適度な運動、を心がけることが元のきれいな背中をとりもどす近道になります。