このエントリーをはてなブックマークに追加   

背中ニキビの時って服や下着にも気を使うべきだよね?

背中にニキビがあるときは皮膚を衣類との摩擦で刺激しないように
常日頃から心がけることがとても大切です。

 

ポリエステルやナイロンなど化学繊維の下着、衣類は、汗を吸収しない上に
肌触りが悪いのでおすすめできません。暑い真夏だけでなく

 

寒い真冬でも背中は汗をかきやすい部分ですので、
汗をちゃんと吸収してくれる天然素材のシルク、麻、
コットンのものを肌に触れる部分に身につけるようにしましょう。

 

体を締め付ける矯正下着や、サイズが合ってないブラジャーは
肌を圧迫し通気性が悪くなります。ニキビを圧迫してしまうと
後々ニキビ跡になってしまい、

 

元どおりのきれいな背中を取り戻す道のりが遠ざかってしまいます。
ブラジャーはストラップレスブラや、スポーツブラがおすすめです。

 

肌に直接触れるものなので、デザイン性よりも機能性を重視したものを選ぶようにしましょう。

 

家にいるときはなるべくブラははずしたり、体を締め付けない
ラフな格好をして背中を通気性よくしておきましょう。

 

下着、インナーに着るトップスは汗をかいたらこまめにとりかえるようにします。
特に男性は新陳代謝が良く汗をかきやすいです。

 

毎日背中を清潔に保てるように下着、インナーを取り替えることはとても大切です。
外出先などで下着を簡単に取り替えられないシチュエーションでも、

 

常に清潔なタオルをカバンに持ち歩き、こまめに汗を吸い取ることを心がけるだけでもだいぶ違います。
今は汗取りシートや制汗剤など汗対策グッズが充実していると思いますが、なるべくそういったものに頼らずに
自然な状態で肌を清潔に保つことも、ダメージを覆ったニキビ肌を再生させるのには大切なことです。

 

夏の暑い時季にどうしても背中がみえてしまう服を着る際には、背中の日焼け対策を必ずしましょう。
日焼けは肌に強いダメージを与え乾燥肌をまねきます。

 

そうしないと日焼けが原因で頑固なニキビ跡になってしまうのです。
夏場でも背中にニキビができているときはあまり肌を露出しないことをおすすめします。

 

また日焼け止めを背中に塗った日はかならず背中を丁寧に洗い流しましょう。
せっかく日中日差しから守ってくれた日焼け止めもずっと肌に残しておくと
逆にニキビを悪化させてしまう原因となってしまいます。

 

冬の寒い時季によく着られるウールやアクリル素材のニットや、
その他のチクチクする素材のトップスはニキビができている
直接触れると肌を刺激してしまいますので、

 

一枚薄いコットン100%のキャミソールやタンクトップを着るとよいでしょう。

 

寝巻きも汗をよく吸い取る天然素材のゆったりした形のものを選び、
特に寝ている間は毎晩最低でもコップ1杯分の汗をかくと言われていますので、
できるだけ毎日きれいなものに着替えるようにしましょう。

 

背中にニキビができてしまう人は、本人が思っている以上に
肌が乾燥、敏感になっていることに案外気づいていないものです。

 

肌に身につける衣類素材も大事ですが、衣類の洗濯の際も
肌に優しい洗濯洗剤を使うようにしましょう。

 

粉状の洗濯洗剤は洗濯機で念入りにすすがれたとしても、
衣類に粒子が残っている場合があります。

 

できるかぎり洗浄力が強くない無添加の洗剤などで
洗濯するのが肌には安心です。

 

毎日身につけなければならない下着、衣類。
ちょっとした肌への気遣いが背中ニキビを早い改善へと導きます。